【大蔵海岸】大型青物も実績あり!釣り場情報まとめ

釣り場
スポンサーリンク

兵庫県明石市にある大蔵海岸は整備された護岸が広がっており、駅や駐車場からも近いためエントリーしやすい釣り場です。

また明石海峡に面している潮通しの良い場所であり、シーズン中は青物も回遊してくるため人気の釣り場です。

スポンサーリンク

釣り場概要

釣り場概要
(c) OpenStreetMap contributors, CC-BY-SA

①東側護岸

大蔵海岸東側

JR山陽本線・朝霧駅に最も近いポイントで、徒歩5分程なので電車釣行には楽です。

②朝霧川河口

朝霧川河口
朝霧側河口
河口西側

朝霧川の両側が同じような護岸となっています。

潮が緩くなるポイントなのでウキ釣りやちょい投げ釣りもやり易いです。

水深は川の中央部で5~6m程で、角のポイントへ行くともう少し深く、7mほどになります。

③西側護岸

①と同じように沖向きのポイントです。

駐車場からも近く、キャパシティもあるためこの釣り場のメインポイントとなっています。

おすすめターゲットと釣り方

サビキ釣りでのアジ

例年6月下旬頃になると、5~10cmの豆アジが釣れ始めます。

①~③全域のポイントで狙え、足元の岸壁沿いに群れている光景が良く見られます。

仕掛けを遠投しなくても足元に落とすだけで簡単に釣ることができ、特に初心者におすすめのターゲットです。

大勢のファミリー層がこの釣り場でアジ釣りを楽しんでいます。

夏~秋になると15~20cmぐらいにサイズアップが期待できます。

ショアジギングでの青物

大蔵海岸のハマチ
ショアジギングでの人気ターゲットのハマチ

前述したアジなどのベイトが釣れ始めると、それを餌にしている青物も岸に寄ってくるようになり、釣果が出始めます。

①、③の沖向きポイントで30~40cmのツバス・ハマチクラスが主に釣れますが、80cmを超えるブリの実績もあります!

時間帯はやはり朝マズメが最も期待できますが、日中でも回遊次第では釣果が望めます。

この釣り場一帯では足元は根が割と多いので、手前ではルアーを底まで沈ませず、さっさと回収する方が良いです。

なお、この明石海峡は潮が動くタイミングではかなり流れが速くなります。

この大蔵海岸も例外ではなく、ルアーがあっという間に流され隣とオマツリしやすいです。

潮が動いている場合は80~100gのジグが必要です。

重いジグを投げられる本格的なショアジギングタックルで挑みましょう。

一般的には釣りづらいと言われる潮止まり付近の時間がこの釣り場ではチャンスタイムです。

ライトショアジギングタックルに30~50gのジグで釣りが可能です。

胴突き釣りでの根魚

足元の胴突き釣りではメバルやガシラを中心とした根魚を狙えます。

また高級魚のアコウ(キジハタ)も釣れます。

大蔵海岸で釣れたアコウ

仕掛けは胴突きの2~3本針で、餌はアオイソメやオキアミを使用します。

またエサ取りが多くなければシラサエビが非常に有効です。

夜釣りでのタチウオ

夏~秋にかけてタチウオが回遊し、夜釣りで狙うことができます。

ウキ釣りではキビナゴやサンマの切り身で狙うことができます。

ルアー釣りでは蓄光機能があるグローカラーのメタルジグがおすすめです。

周辺施設

釣り具屋・コンビニ

大蔵海岸東側に「まるは釣具」があります。

餌釣り・ルアー釣り共に品ぞろえが豊富なので大抵のものは手に入ります。

コンビニは朝霧駅の改札前にありますが、③のポイントのすぐ後ろにスーパーの「ラ・ムー」があり食料や飲み物はこちらでも調達できます。

トイレ

岸壁の後方各所にあり、歩いてすぐ行くことができるので安心です。

また自販機も併設されています。

西側護岸のトイレと自販機

近隣の他の釣り場

この釣り場での釣行記

タイトルとURLをコピーしました