【大蔵海岸】晩秋のフカセ釣りで本命チヌ&マダイもヒット!

釣行記
スポンサーリンク

本日はチヌ狙いのフカセ釣りです。

釣り場は過去にも行ったことのある兵庫県明石市の大蔵海岸にしました。

最近行っていなかったポイントなので、久々に調査も兼ねて向かってみます。

スポンサーリンク

朝一は潮流速め

朝マズメの大蔵海岸

早起きして朝一から釣り場に乗り込みます。

ファミリー層にも人気の釣り場ですが、思っていたほど混んでいなかったです。

河口部の空いている釣り座で準備します。

この日の使用タックルは以下のとおりです。

  • 竿:0.6号 5.3m
  • リール:シマノ2000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ウキ:00号
  • ガン玉:G3,G5
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワーVSP1袋+チヌパワームギスペシャル1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌

沖20mくらいに仕掛けを投入します。

すると仕掛けが馴染む頃にはどんどん河口の方へ流れていきます。

投入後2分くらいで回収が必要なほどでした。

仕掛けがどんどん流され苦戦

幸い隣には釣り人は入っていなかったのである程度流れますが、これは結構きつい。。。

この日は大潮ということもあり、沖はガンガン潮が流れているのが分かります。

こちらの河口部はもっと緩い流れかと思いましたが、甘かったです。

最初はガン玉をG5のみにしていましたが、G3を2つ追加します。

またウキにも自作した板鉛を1枚追加します。

その後なんとか速い流れの中で続けますが、アタリなしです。

しかし1時間ほど経過すると、少し流れが緩くなってきました。

そして8時頃になり、仕掛けを流しているとコツコツっとした小さいアタリが来ました。

本アタリまで送り込もうか迷いましたが、アワセを入れてみることに。

すると何かがヒットしました!

それなりの重量感なので餌取りではなさそうです。

チヌかなと思いましたが、海面には赤い魚体が見えました。

大蔵海岸のマダイ

釣れたのはマダイでした!

サイズは30cmの小型でしたが、明石海峡マダイを釣るのは初めてです。

明石ブランドとしても有名なの食べるのが楽しみです。

良型チヌもヒット!

それから満潮の潮止まりが近づくにつれて、さらに潮が緩んできました。

だいぶやりやすくなりましたが、途中フグがヒットしハリスがやられることも。。。

特にフグは黄色の練り餌によく反応する気がします。

なので今回は赤色の練り餌も持ってきたので、こちらを試すことに。

時々チヌらしい反応もありましたが、本アタリが出ないまま時間が経過します。

しかし9時を回ったところで遂に良いアタリが!

竿がしっかり曲がり込む重量感です。

2分ほどやり取りして見えてきたのは、銀鱗の魚!

本命チヌもようやく釣れてくれました。

40cmを超えるサイズを釣るのは結構久々です。

朝一で釣れずにダメかと思いましたが、ようやく魚の反応が出始めました。

潮もさらに緩んでいき、10時を過ぎると反転して今度はゆっくり川の上流に向かって流れるようになりました。

一度、潮が完全に止まったタイミングでまたヒットしました!

しかし水面まで浮いてきたところで針が外れてバラシ。。。

小さめのチヌでした。

対岸の方でもチヌが釣れているのが見えました。

あちらは団子釣りのようです。

しかしそれからこちらにはアタリもなく、11時に餌が尽きて納竿です。

本日の釣果

  • チヌ×1 (41cm)
  • マダイ×1 (30cm)

良型の本命が釣れて満足です!

ここの釣り場は2~3週間前まではアジが釣れており混んでいたようです。

しかしこの日はサビキでは釣れておらず、見たところスズメダイやコッパグレのみでした。

海もだんだん冬へ向かっているようです。

これから厳しい時期になりますが、まだまだ頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました