【林崎漁港】夜のライトゲームで小型中心だったもののメバル連発!

釣行記
スポンサーリンク

今回は兵庫県明石市にある林崎漁港でのメバル狙いです。

そろそろ釣れ出す時期かと思ったので、ルアーを使用したメバリングをしてみます。

完全に暗くなった夜7時頃から釣りを開始しました。

使用タックルは以下です。

  • 竿:7.6ftウルトラライト
  • リール:ダイワ2000番
  • ライン:PE0.3号
  • リーダー:フロロ5lb
  • ルアー:ワーム、ミノー各種

ここは常夜灯が多くある釣り場なので、夜でも明るいです。

夜の林崎漁港
スポンサーリンク

開始後すぐに反応あり!

まずは沈み根が点在しているポイントを攻めてみます。

水深は浅く、すぐに根がかりしそうなので沈みの遅い小型ミノーを投げてみます。

10~20m投げて着水後すぐに巻いてきます。

すると2投目で早速アタリが!

しかし乗りませんでした。。。

再度同じコースを通すと、ピックアップ寸前にルアーに忍び寄る魚影が見えました!

もう足元まで来ていたので、ルアーを止めてみるとヒット!

その正体はこちら。

15cm弱のメバルでした。

早々に本命ゲットです。

足元は常夜灯で照らされており、水深も50cmほどなのでルアーにアタックする瞬間をバッチリ見れました。

さらに続けますが、ここでうっかりルアーを沈めすぎて先ほど釣れたミノーをロスト。。。

根がかりが怖いので安価なワームに切り替えます。

ジグヘッド1gにガルプのワームをセットします。

しかしこのポイントではそれ以上のアタリは来ず。

港内へ移動して連発!

港の内側へ移動してきました。

水面にはイワシのような5cm程度の小魚が群れていました。

またシーバスと思われる魚のボイルもあり、良い雰囲気です。

ここは船がたくさん係留されているので、空いているスペースを探っていきます。

テンポよくランガンしていくと。。。

港内のポイントでも釣れました!

さらに。。。

コンスタントに釣れ続けますが、ここまで小型ばかりです。

タナは上下に色々試しましたが、結構表層でのアタリが多いです。

そしてここで。。。

ちょっとマシなサイズが釣れました。

この個体がこの日最大で、17cmでした。

ここで一旦アタリが止まったので、前方へのキャストだけでなく壁際も探ったりもしてみます。

すると、1箇所小さいアタリが連発する場所がありました。

しかしなかなか針掛かりせず、正体が分かりません。

メバル以外の小魚か・・・?

苦戦しましたが数回のアタリの後、遂に掛けました!

小さなメバルでした。

こいつが群れていたようです。

アタリの正体が分かったところで、寒くなってきたので撤退することにしました。

本日の釣果

  • メバル×8(12~17cm)

アタリも多く楽しめましたが、小型中心でした。

この日の釣果は全てリリースです。

今シーズンは良型を手にしたいです。。。

タイトルとURLをコピーしました