【検見川浜突堤】晩秋のライトエギングでヒイカ

釣行記
スポンサーリンク

今回は千葉県千葉市の検見川浜突堤での釣行です。

この日はあまり釣りの時間が取れなかったので、夕方の時間帯だけサクッとルアー釣りをすることに。

とりあえずシーバス用タックルと、この時期はヒイカも狙えるのでエギも持っていきます。

現地到着は日没30分前くらいの夕マズメでした。

スポンサーリンク

激混みの堤防

駐車場に車を停め、稲毛ヨットハーバー側の堤防に向かいます。

するとそこには釣り人がズラッと並んでいました。

これは入れるスペースがあるか…?と思いますがとりあえず向かいます。

釣りが出来るか不安でしたがとりあえず進んでくと、堤防中盤の内向きになんとか入れるスペースがありました。

しかしこの堤防は今回入った内側に湾曲しており、遠投するとラインがクロスしそうです。

なのでシーバス釣りは今はやめて、近距離でも狙えるヒイカから釣ることに。

内向きは水深3~4m程度なので軽いエギで十分です。

1.8号(6g)のオレンジ色をチョイスしました。

お隣は投げ釣りをやっているようなので、オマツリしないように注意して10~20mくらい投げます。

そして一度着底させ、シャクリながら手前まで探ってきます。

それにしても、外向きは非常に混雑しています。

何を狙っているか少し様子を見ていましたが、どうやらメインはサビキでのカタクチイワシと、ウキ釣りでのタチウオのようです。

イワシの方は10cm程度のものがコンスタントに釣れていました。

まあ夜になれば人も減ってシーバス釣りもできるだろうと考えつつ、エギを投げ続けます。

すると、突然エギにグッと重みが乗ります!

海藻かなとも思いましたが、水面に上がってくるとイカの姿が!

10cmほどのサイズですが、釣れました。

そして、立て続けに2杯目も!

ナイトゲームへ突入

日没を過ぎると帰る人も出てきたので、堤防の先端側へ移動してみます。

しかし相変わらず外向きは入るスペースがありません。

まだ釣れているところは見てないですが、皆タチウオを狙って頑張っています。

使用エギと幕張の夜景

変わらず内向きでヒイカ狙いを続行です。

こちら側は幕張の夜景が綺麗に見えますね。

景色を見ながらダラダラと釣り続けます。

なお、使っているエギは夜光タイプなので、ナイトゲームではUVライトを使ってアピールします。

しかしここで風が出てきました。

しかも横風になるので、軽いエギの操作がしづらいです。

そして寒い。。。

陽が落ちたらガクッと気温が下がりました。

もっと厚着してくれば良かったと後悔しましたが気合で投げ続け、さらに2杯追加します。

しかし日没から1時間程度で寒さに負けてギブアップすることに。

シーバスは諦めます。。。

実釣1時間半程度で終了です。

本日の釣果

  • ヒイカ×4

釣り場が想像以上に混雑してましたが、なんとか釣れて良かったです。

後で調べたらここでのタチウオの釣果情報もちらほら出てきました。

シーズンが終わるまでは人は多そうですね。。。

平日釣行の方が快適にできそうです。

タイトルとURLをコピーしました