ライトソルトゲームで釣れる魚は多彩!必要タックル・装備まとめ

コラム
スポンサーリンク

ライトゲームは軽量なルアーを用いて手軽に様々な魚を狙うことができます。

また他の釣りと比較すると少ない荷物で、スタイリッシュにランガンできる手軽さもあります。

空いた時間にサクッと気軽に行けるため、初心者の方にもおすすめな釣りです。

今回はライトゲームを行うためのタックルや装備、便利グッズを紹介します。

ライトソルトゲームで狙えるターゲット
アジ・アコウ(キジハタ)・カサゴ・カマス・クロダイ・サバ・ショゴ(カンパチ)・シーバス・ソウダガツオ・ヒイカ ・ヒラメ(ソゲ)・メッキ・メバル・ワカシ
スポンサーリンク

タックル概要

ライトゲームのタックル

ロッド

長さ6~8ftでパワーはウルトラライト〜ライトクラスを使用します。

アジングロッドやメバリングロッドがあればOKです。

穂先はチューブラータイプがワームやジグなど様々なルアーを使用できるため、おすすめです。

以下のモデルが基本性能も十分で、値段も手頃です。

  • 全長[m]:2.29
  • 適合ルアーウェイト[g]:0.5~8
  • 適合ライン ナイロン[lb] 1.5~4 / PE[号]:0.15~0.4
  • 自重[g]:77
  • 全長[m]:2.29
  • 適合ルアーウェイト[g]:0.6~6
  • 適合ライン ナイロン[lb] 1.5~5 / PE[号]:0.1~0.6
  • 自重[g]:77

リール

1000~2000番の小型リールを使用します。

ライトゲームでは、ルアーの飛距離は遠投しても50m程度なのでそれほど糸巻き量は必要ありません。

100mも巻ければ十分です。

  • 標準糸巻量 ナイロン[lb-m] 2.5-200, 3-150, 4-100 / PE[号-m]:0.4-200, 0.5-170, 0.6-150
  • 自重[g]:190
  • 巻取り長さ(ハンドル1回転あたり)[cm]:66
  • ギア比:5.0
  • 最大ドラグ力[kg]:3.0
  • 標準糸巻量 ナイロン[lb-m] 3-125, 4-100, 5-75 / PE[号-m]:0.6-150, 0.8-110
  • 自重[g]:215
  • 巻取り長さ(ハンドル1回転あたり)[cm]:66
  • ギア比:5.0
  • 最大ドラグ力[kg]:3.0

ライン

感度が高く、伸びの少ないPEラインが使いやすいです。

号数は0.3~0.4号程度がオールラウンドに使用できます。

ライトゲームでも良型のシーバスなどが掛かることもありますが、この号数ならなんとか対応できます。

リーダーはフロロカーボンの4~6lbを50cm程度結束します。

ルアー

使用するルアーはワーム・ミノープラグ・メタルジグの3種類があれば、ほぼ全てのターゲットに対応できます。

各魚種によって特化したルアーがあり、以下で紹介していきます。

ライトゲームのメインターゲット

アジ

非常に美味しい魚で、ライトゲームの超人気ターゲットです。

30cmオーバーの尺アジ狙いも可能です。

ワームと軽量ジグヘッドをメインに使用して狙います。

アジ専用のものも多く販売されています。

主に夜釣りで、漁港の常夜灯付近が好ポイントになります。

アジ狙いにおすすめのルアーは以下になります。

メバル

メバルは狙えるターゲットが少なくなる冬〜春にも楽しめるありがたいターゲットです。

岩礁帯に生息する根魚ですが、テトラポッドや漁港の岸壁や係留された船周りにも居着いています。

障害物周りを狙うことが多いので根掛かりによるロストも増えがちになります。

予備のルアーも用意して臨みましょう。

小型青物

30cm程度までのワカシ・ショゴといった小型青物もライトゲームで狙うことができます。

遠投が効き、広範囲を探れる5~7gのマイクロジグが特におすすめです。

クロダイ

ルアーで釣れたチヌ

チニングと呼ばれるクロダイのルアー釣りも可能です。

夏〜秋の高水温期は、水深が浅いサーフな河口部でも狙うことができます。

ペンシルやポッパーを用いたトップゲームは、バイトの瞬間を見ることができ人気の釣りです。

イカ

イカ狙いは1.6~2号程度のエギを使用します。

特に小型のイカであるヒイカ狙いに適しています。

ライトゲーム用装備・便利グッズ

タックルバッグ

ランガン時にルアーボックスなどの持ち運びに便利です。

ウエストベルトも付いているタイプだと、肩への負担も軽減できて長時間の釣行も楽になります。

ワニグリップ

釣れた魚を掴めるワニグリップがあると、口からフックを外しやすいです。

また毒針を持つ魚が釣れてしまった際にもあると安心です。

バッグなどに吊り下げておくとランガンの邪魔にもなりません。

小型クーラーボックス

小型のクーラーボックスは持ち運びも楽であり、ランガンするライトゲームに最適です。

ロッドホルダーが付いているタイプもあると、ルアー交換の際に地面に置かずに済むので便利です。

ライトゲームのロッドは先端が細く、地面におくとうっかり破損させてしまうこともあるのでなるべく直置きは避けたいです。

小型ランディングツール

小物狙いの釣りであっても、しばしばシーバスなど良いサイズの魚が掛かります。

そのような時のために、タモがあると安心です。

しかし、手軽さが売りのライトゲームなのであまりランガンするのに邪魔にならない小型のものがおすすめです。

タモジョイントを接続して折りたたみ、タモホルダーを付けてウエストバッグのベルト部などに挿しておくと便利です。

様々な魚を手軽に狙ってみよう!

ライトゲームでは使用するタックルも軽量なので、疲れにくい釣りです。

小物狙いが中心の釣りですが、狙える魚の幅は広く、ほぼ1年中楽しめる釣りです。

釣りデビューにも向いているので、初心者の方もぜひ挑戦してみましょう!

ライトソルトゲームの釣行記

タイトルとURLをコピーしました