【千葉港】広い護岸から釣りが可能!釣れる魚・釣り場情報まとめ

釣り場
スポンサーリンク

千葉県千葉市にある千葉港は一帯が護岸となっており、広い釣りスペースがあります。

都心部からも近く、トイレや駐車場もありファミリー層にもおすすめの釣り場です。

千葉港の護岸
住所 〒260-0024 千葉県千葉市中央区中央港1丁目9
アクセス 車:京葉道路「穴川IC」から20分(7.2km)
公共交通機関:JR京葉線「千葉みなと駅」→徒歩20分(1.6km)
駐車場 あり(9:00~17:30、無料)
トイレ あり(千葉ポートパーク内、釣り場から750m)
コンビニ 釣り場から2.2km
住所:〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜3丁目6−1
釣具屋 上州屋新千葉美浜店(4.4km)
住所:〒261-0001 千葉県千葉市美浜区幸町2丁目24−38
営業時間:10:00〜21:00(月~木)、10:00〜24:00(金)、0:00〜24:00(土)、0:00~20:00 (日)
この釣り場での確認済み釣果
アイナメ・アジ・アナゴ・イナダ・イワシ・カレイ・クロダイ・サバ・サヨリ・シロギス・シーバス・タチウオ・ハゼ・ヒイカ

釣り場概要

釣り場概要図

釣り場は約500mの直線上の護岸となっており、どこでも竿を出すことができます。

手前の水深は4~5m程度であり、場所によっては沈み根があるので根がかりには注意しましょう。

海面までは5mのタモがあれば届きます。

この釣り場でのおすすめの釣りは以下のとおりです。

サビキ釣りでのアジ・イワシ・サバ狙い

夏〜秋は初心者でも釣りやすいアジなどのサビキ釣りのターゲットが回遊してくるので、サビキ釣りがおすすめです。

イワシはタクチイワシがメインで釣れます。

サバは20cm前後のサイズが主体で、冬場のカレイシーズン中も入れ食いとなっている状況もありました。

投げ釣りでのカレイ狙い

冬場はカレイ釣りが人気

ここは冬場になるとカレイ狙いの投げ釣り師が多く訪れます。

30~40cmの良型もよく釣れるため、人気の釣りです。

良型もよく釣れる

スペースに余裕があれば3~4本の竿を出すと確率が上がります。

外道としてハゼセイゴもよくヒットします。

この釣り場は潮の流れは緩いので、仕掛けは沈み根を躱しやすいジェット天秤がおすすめです。

なお、夜釣りでも釣果が挙がっているので、日没後も粘る人が多いです。

寒さ対策を万全にして臨みましょう!

夏〜秋の水温が高い期間の夜釣りでは、アナゴを釣ることができます。

シンプルな仕掛けで可能!夏の夜はブッコミ釣りでアナゴを狙おう
アナゴは水温が上昇する初夏〜秋によく釣れる魚です。主に砂泥地に生息しており、身近な港内でも狙うことができます。また仕掛けも簡単であり難易度は比較的低いので初心者にもおすすめの釣りです。なお、アナゴは日中は海底に潜っ...

ライトエギングでのヒイカ狙い

同じく冬場のターゲットとして、ヒイカもおすすめです。

昼間よりも夕マズメ〜夜間が警戒心が薄れるので釣りやすいです。

ウルトラライト〜ライトクラスのライトゲーム用ロッドに1.8号程度のエギを使用します。

ラインはPEを使用した方がアタリを取りやすくなります。

号数は0.2~0.3号に6lb程度のリーダーを結束します。

ルアーでのシーバス狙い

ここではシーバス狙いのアングラーも多く見られます。

特に釣り場南端が潮通しがよく、人気のポイントです。

ストラクチャーのない広い場所なので、飛距離の出る鉄板バイブレーションがおすすめです。

周辺施設

トイレは釣り場の裏側にある公園内にあり、距離は徒歩10分程度です。

駐車場は千葉ポートパークの無料駐車場を利用できますが、時間が9:00~17:30までとなっています。

時間外はゲートが施錠されるので注意しましょう。

駐車場は無料だが開錠時間に注意

駐車場から右手にまっすぐ進むと釣り場があります。

釣り場への歩道

コンビニは徒歩で行くには遠い距離なので、事前に立ち寄っておくことをおすすめします。

千葉港周辺の他の釣り場

タイトルとURLをコピーしました