【煙樹ヶ浜】遠投カゴ釣り・ショアジギングにおすすめのサーフ!釣れる魚・釣り場情報まとめ

釣り場
スポンサーリンク

和歌山県御坊市にある煙樹ヶ浜は全長約4kmあるサーフの釣り場です。

西側はゴロタ浜で水深があり、青物が良く回遊してきます。

一方東側は砂の粒子が細かい砂浜となるため、フラットフィッシュを狙うのに向いています。

浜全域が釣り場であるため、混雑で釣り場に入れないことはまずありません。

この釣り場での確認済み釣果
アジ・カンパチ・サワラ・シロギス・ソウダガツオ・タコ・タチウオ・チヌ・ハマチ〜ブリ・ヒラメ・マゴチ・マダイ
スポンサーリンク

釣り場概要

釣り場概略図
(c) OpenStreetMap contributors, CC-BY-SA

西側〜中央付近ポイント

ターゲット

浜の西側〜中央付近までは砂利浜となっており、水深が足元から深くなっている急深サーフです。

沖に50mほど投げれば10~15m程の水深になります。

潮通しが良く、大潮の時は特にガンガン流れているのでオマツリには注意です。

広い釣り場なので隣との間隔をたっぷり取りましょう。

こちらのポイントは朝の時間帯は青物狙いのルアーマンが多く、駐車場の目の前を中心に多少混雑します。

ショアジギンガーが多い西側ポイント

ここでの人気の釣りはライトショアジギングとカゴ釣りになります。

狙える魚は主にショアジギングではハマチ・カンパチ(ショゴ)・ソウダガツオといった青物です。

夏から秋にかけてがシーズンであり、朝マズメが狙い目ですがこの釣り場では日中も回遊がありナブラが立っているのを頻繁に見かけます。

1日を通して釣れるチャンスは十分にあります。

カゴ釣りでは上記の青物に加えてチヌ・グレ・マダイといった魚が狙えます。

ここは特にチヌの魚影が濃いポイントです。

タナを底付近にセットすれば高確率で釣れます。

グレ狙いであれば岩礁帯となっている西側の端付近がおすすめです。

またこちらではタコエギでタコを狙うこともできます。

夜釣りで電気ウキを使用した投げサビキではアジを狙うことができ、30cmクラスの良型も回遊してきます。

駐車場・トイレ

西側の駐車スペースは各所にあり、釣り場へのアクセスも容易です。

上記マップの駐車場の隣にはトイレ・自販機もあります。

煙樹ヶ浜西側の駐車場

浜の中央付近にはキャンプ場の駐車場があります。

こちらもトイレ・自販機が設置されています。

中央付近の駐車場

東側ポイント

ターゲット

東側のサーフは水深が比較的浅く、沖で4~5m程度です。

少し西側へ行くと若干水深が深くなり、沖で6~7mとなります。

こちらのエリアでは西側のゴロタとは異なり砂地となっています。

ルアー釣りではヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュの実績があります。

こちらは潮の流れはそれほど早くないので、20~30g程度のジグであれば底を取ることができます。

ミノーであれば、沈みの速い30g以上のヘビーシンキングでは底を擦ってしまうので、スローシンキング系のものがおすすめです。

餌釣りでは投げ釣りでシロギスが狙えます。

駐車場

東側の駐車スペース

こちら側は特に駐車場は作られていませんが、濱ノ瀬漁港横のスペースに駐車可能です。

釣り場周辺の施設

釣具屋

浜のすぐ近くに2軒あるので、現地で餌の調達が可能です。

コンビニ

浜沿いの道に1軒あり、どのエリアからも車で数分の距離にあります。

この釣り場での釣行記

タイトルとURLをコピーしました