【煙樹ヶ浜】青物狙いの遠投カゴ釣り!予想外の獲物も釣れました

釣行記
スポンサーリンク

暑い夏が過ぎ、釣りをするにはベストシーズンの秋を迎えました。

釣り物に迷う時期ですがそろそろハマチなどの青物を釣りたくなってきたので、今回は和歌山県御坊市の煙樹ヶ浜へ行くことにしました。

釣り座が広くあまり混まないので気に入っているポイントです。

今回は青物を中心として他のターゲットも視野に入れた五目釣りをしたいと思い、遠投カゴ釣りで挑みます。

スポンサーリンク

浜には多くのショアジギンガーが!

早朝の煙樹ヶ浜

日の出を少し過ぎた頃に現地に到着すると、浜には等間隔でズラッと釣り人が並んでいました。

その多くがルアーマンであり、青物狙いのようでした。

少し歩いて空いているスペースを見つけ、準備します。

本日は遠投ができる以下のタックルを用意しました。

  • 竿:磯竿4号 5.3m
  • リール:シマノ8000番
  • 道糸:ナイロン6号
  • ウキ:遠投ウキ12号
  • カゴ:ロケットカゴ12号
  • ハリス:フロロ3号 2ヒロ
  • 針:チヌ針3号
  • 撒き餌:ボイルオキアミ3kg
  • 付け餌:ボイルオキアミ

今回はサーフなので遠投が効くカゴとウキを揃えてみました。

少し高価ですが空気抵抗な少ない形状でロスが少なく、ナイロンラインを使用したスピニングタックルでも最大で100m弱飛ばせました。

広範囲を探りたい時に非常に良いと感じたので買い足したいと思いました!

波もなく穏やかな煙樹ヶ浜

序盤は餌をハイペースで撒いていきます。

この日は風が弱く波もあまり無いのでキャストしやすいです。

青物狙いのためまずは浅めのタナから探ることにしました。

水深は12mぐらいありましたが、3mほどにウキ止めをセットします。

何投かして、付け餌はそのままだったり取られたりします。

何かしらのベイトはいるみたいです。

そして開始30分ほどで最初のアタリが!

ウキがスッと海中に消えます!この瞬間はいつもたまらないです。

グングン引いてますが、それほど苦労せずに寄せられます。

そして上がってきたのはこちら。。。

35cmほどのチヌでした。

ここでは良く釣れるターゲットです。

ナブラも湧く高活性

続けてキャストを続けていると、時折海面がバシャバシャとザワつきます!

青物がベイトを追いかけているようです。

そしてショアジギングをしていた同行者に何かがヒット!

なかなか良い引きをしています。

上がってきたのは40cmくらいのハマチでした!

しかしこちらにアタリは来ず。。。

しかしその後単発ですがアタリは続きます。

まずは2枚目となるチヌ。

30cmくらいでした。

また、時折餌取りもヒットします。

釣れたのは定番のチャリコ。

良型のマダイだと良いんですが、ここではまだチャリコサイズしか釣れていないです。。。

餌取りのチャリコはよく釣れる

最後は予想外の獲物が!

アタリはそれなりにあるものの、良型の青物はなかなか来ません。

そこで狙うタナを底近くにしてみました。

それから1時間ほど釣れない時間が続きましたが、ある程度流して仕掛けを回収しようとするとグッと竿に重みが乗ります。

しかし重いだけで引きはありません。

何か引っ掛かったのか??と思いそのまま寄せてくると姿が見えてきました。

現れたのはなんとタコ!

まあまあの大きさで、なかなか浜へズリ上げられません!

四苦八苦していると隣のカゴ釣り師がタモで掬ってくれました。ありがとうございます!

タコエギで狙っている人はいますがカゴ釣りで釣れるとは予想外です。

オキアミにも喰ってくるんですね。。。

昼過ぎに納竿

まだまだ釣りたかったですが、餌もなくなりこの日は昼過ぎに終了です。

それなりに釣果があり楽しめました。

この日は割と結構浅いタナで釣れたので魚の活性は高かったと思いました。

ショアジギングのタックルも持ってくればよかったです。。。

これから最盛期の青物をまた狙いにリベンジしたいです!

タイトルとURLをコピーしました