【室津漁港】夏のフカセ釣りで良型チヌ

釣行記
スポンサーリンク

今回はフカセ釣りでのチヌ狙いです。

夏場の高水温時期は餌取りが多いのでこの釣りは敬遠してましたが、最近チヌを釣っていなかったので頑張ることに。

釣り場は兵庫県たつの市にある室津漁港です。

スポンサーリンク

港内で釣り開始

途中で餌を購入し、7時半頃に釣り場に到着しました。

向かったのは沖向きの赤灯台堤防です。

既に先行者が何組かおり、餌釣りやルアー釣りをしていたので空いている港内側でやることに。

本日は以下のタックルで勝負します。

  • 竿:0.6号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ウキ:0号
  • ガン玉:G5
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワーVSP1袋+チヌパワームギスペシャル1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌

餌取り対策として練り餌を用意しました。

水深はそこまで深くない場所なので軽い仕掛けをセットしました。

8時頃にスタートです。

港内なので沖は船が割と頻繁に通るので、手前15m付近に仕掛けを投入します。

まずはオキアミを付けてみましたが、餌は齧られずに戻ってきます。

幸い厄介なアジやサバなどの餌取りは居ないようです。

しかしチヌらしき反応もありません。

練り餌も使い、付け餌をローテーションして様子を見ます。

ファーストヒットは本命!

最初のアタリは9時前に突然来ました。

アワセると結構な重量感で、本命と確信します。

下の敷石に突っ込もうとしますが竿で耐えていると銀色の魚体が浮き上がってきます!

そして無事タモイン。

40cmオーバーの良型でした!

こちらは練り餌にヒットしてきました。

カラーはイエローを使用していました。

さらに続けて同じポイントを狙います。。。

アタリは続かず風が吹きだす

このまま2枚目も釣れるかと思いましたが、そこからはまた開始直後のように餌もあまり取られない状況に。

2時間粘りましたが結局釣れないままだったので沖向きで移動しました。

こちらも足元は岩礁帯になっています。

沖の水深はこちらもそれほど深くないですが、横にテトラもありチヌが居着いていそうな雰囲気です。

手前から探っていくと、途中オキアミを投入したらメバルがヒットしました。

手前ではメバルがヒット

もう少し沖を探ってみようとしますが、ここで強めの向かい風が吹き始めます。。。

朝は無風で釣りやすかったのですが、今はあまり仕掛けを飛ばせません。

本日の釣果

そのまま沖向きで12時まで粘りましたが、状況は変わらずアタリも拾えませんでした。

  • チヌ×1(43cm)
  • メバル×1(15cm)

早めに1枚目が釣れたので複数枚いけるかと思いましたが後が続かず。。。

また夏チヌに挑戦します!

タイトルとURLをコピーしました