【室戸岬漁港】潮通し抜群で大型青物も回遊!ショアジギンガーの聖地的釣り場を紹介

釣り場
スポンサーリンク

室戸岬漁港は高知県室戸市にある漁港です。

太平洋に突き出た室戸岬の先端付近に位置しているため潮通しが良く、大型青物の実績が高いことで有名です。

この釣り場での確認済み釣果
アオリイカ・アジ・イサキ・カマス・カンパチ・グレ・サバ・シイラ・シマアジ・シロギス・ソウダガツオ・ハマチ〜ブリ・ヒラマサ
スポンサーリンク

釣り場概要

釣り場概要

この漁港のメインの釣り場は沖に面した白灯台がある堤防です。

堤防は幅が広いですが海面までの高さはややあります。

白灯台堤防

沖向きはショアジギングで大物狙いが人気

沖側は大部分がテトラ帯となっていますが、シーズン中は青物狙いのショアジギンガーが並ぶ人気ポイントとなります。

しかし、ここのテトラは大型であり慣れていないと乗りづらいです。

足元が不安定になりがちなので安全には十分注意しましょう。

潮流も早く、危険が伴うポイントなのでライフジャケットは必須です。

靴は滑りにくいフェルトスパイクタイプがあるとベストです。

80cmクラスのブリ・ヒラマサ・カンパチなどの青物が釣れる可能性も十分あるためタモは必須です。

海面までは高さがあるため、ランディングには6m以上のタモが無いと一人では厳しいです。

なお、タモホルダーをランディングシャフトに装着しているとライフジャケットの背面に背負えます。

テトラを渡る時も両手が空くためおすすめです。

先端付近はカゴ釣りもおすすめ

堤防先端部

堤防先端は唯一沖向きもテトラがなくフラットな足場となっています。

こちらは餌釣り師がメインのポイントであり、カゴ釣りが人気です。

ターゲットはグレを中心にソウダガツオやシマアジなどの青物も狙えます。

カゴ釣りではグレがメインターゲット

目の前に沖堤防がありこちらの方向に遠投はできませんが、この中間も水深は深く20m近くあります。

港内はライトゲーム中心

広大な港であるため、大物は少ないですが内向きもルアーや餌をキャストして色々と探ることができます。

またフラットな足場であるためファミリー層も安全に釣りを楽しめます。

ルアー釣りでは、こちらはエギングでのアオリイカ狙いが人気です。

また10~20g程度の小型ジグではカマスも狙えます。

餌釣りでは夏〜秋にちょい投げ釣りでシロギスも釣ることができます。

周辺施設

駐車は白灯台根元部の空きスペースに可能です。

またトイレや自販機が整備されている点もありがたいです。

なお、釣り場横には食堂がありカツオのタタキを初めとした海産物を味わえます。

釣りを終えたらこちらで食事を楽しむこともおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました