【富浦新港】ファミリー層や本格派にもおすすめ!狙えるターゲット・釣り場情報まとめ

釣り場
スポンサーリンク

千葉県の南房エリアにある富浦新港は館山道の富浦インターから近く、都心からも容易にアクセスできます。

このあたりは水質も良く、きれいな海が広がっており魚影も濃く人気の釣り場です。

また足場がフラットな堤防が中心であり、トイレや駐車スペースもあります。

そのためファミリー層から本格的な釣りを楽しむベテラン勢まで楽しめる場所となっています。

この釣り場での確認済み釣果
アオリイカ・アジ・イワシ・オニオコゼ・カサゴ・カマス・カワハギ・クロダイ・サバ・サヨリ・シロギス・シーバス・ハゼ・ヒラメ・ホウボウ・マゴチ・メゴチ・メバル
スポンサーリンク

釣り場概要

釣り場概要

富浦新港は東西の2本の堤防がメインの釣り場になります。

西側の赤灯台堤防の方が水深がやや深くなっており、多彩な魚が狙えます。

東側の白灯台がある堤防には海水浴場が隣接しており、サーフのターゲットが中心です。

①赤灯台堤防

堤防先端方向

沖に向かって真っ直ぐ伸びる赤灯台堤防では、内向き、外向きの両側で釣りをすることができます。

ただ、堤防の根元〜中央付近まではヨットが係留されており、ロープに引っかかる恐れがあるので釣りは控えましょう。

内向きはヨットの係留エリアあり

また堤防根元付近の外向きは小規模なサーフとなっています。

足元はテトラ帯となっているためメバル・カサゴ狙いが可能です。

赤灯台堤防根元のテトラ帯

堤防中央付近はフラットな岸壁となっており、最も釣りやすいポイントです。

なお、手前5mほどは海底に敷石が入っているため根がかりには注意しましょう。

水深は沖で5~7m程となっています。

手前に敷石あり

また、堤防先端付近にもテトラが入っています。

少し乗りづらい形状なので、足場に注意してエントリーしましょう。

この赤灯台堤防でのおすすめの釣りは以下のとおりです。

サビキ釣りでのアジ狙い

まずこの釣り場でのおすすめのターゲットはアジです。

冬場も回遊が見られるため、長い期間狙うことができます。

堤防の内向き、外向きどちらでも狙えますが、堤防の足元に入っている根を躱せる投げサビキ、もしくはジグサビキがおすすめです。

外道としてカマスサバの釣果も挙がっています。

また付け餌にオキアミを使用したカゴ釣りでは、20~30cm程度の良型アジをメインに狙えます。

なお、ここでは外道としてアイゴもヒットします。

特に岸壁沿いに幼魚がよく群れています。

この魚はヒレに毒があり、危険な魚なので注意が必要です。

釣れたら直接触らないようにグリップなどで掴んで針を外しましょう。

アイゴもここではよく釣れる

フカセ釣り・ダンゴ釣りでのクロダイ

クロダイ釣りもここでは人気です。

夏から秋にかけては餌取りが多いのでフカセ釣りよりもダンゴ釣りがおすすめです。

カイズクラスから50cmを超える大型も狙うことができます。

堤防外向きでは足元は根がかりするので10m程沖を狙います。

また先端付近のテトラ際でも釣果がよく挙がっています。

なお、クロダイ狙いでは澄んだ潮よりも濁りが入っている時がチャンスです。

濁りがある時はクロダイ狙いのチャンス

②白灯台堤防

堤防中央から先端
根元方向
先端付近

白灯台堤防は海底がほぼ砂地となっており、水深は3~4mです。

堤防の外向きが一段高くなっており、幅はやや狭いです。

こちらも内側は船が係留されているので、空いているスペースで釣りをしましょう。

こちらでは以下の釣りがメインです。

ちょい投げ釣りでのシロギス狙い

高水温期の夏〜秋にはちょい投げ釣りでシロギスを狙うことができます。

またメゴチやハゼもヒットします。

泳がせ釣りでのフラットフィッシュ狙い

ちょい投げ釣りで上記のシロギスなどが釣れたら、泳がせ釣りでヒラメやマゴチといったフラットフィッシュも狙えます。

外向きのサーフエリアで時折釣果が挙がっているので、活き餌にできる小魚が釣れたら是非挑戦してみましょう!

ヒラメの実績もあり

釣り場周辺施設

駐車場

東西どちらの堤防も根元付近に駐車スペースがあり、無料で停められます。

西側(赤灯台)堤防根元
東側(白灯台)堤防根元

トイレ

赤灯台堤防側に公衆トイレがあります。

釣具屋

釣り場近辺に2軒ありますが、どちらも徒歩で行くには遠い距離です。

必要な物は事前に立ち寄って、全て揃えるようにしましょう。

この釣り場での釣行記

タイトルとURLをコピーしました