【富浦新港】初夏のちょい投げ釣りで本命シロギスなどをゲット

釣行記

今回は千葉県南房での釣りです。

ここは黒潮の影響を受けて水温が高いため、まだ5月ですがシロギス狙いも可能と思いトライしてみます!

この日の釣り場は富浦新港にしました。

午後からの釣りですがシロギスの数釣りができるよう頑張ります。

タックルは手軽なちょい投げ釣り用で挑みます。

  • 竿:ライトショアジギングロッド10ft
  • リール:ダイワ2500番
  • 道糸:PE0.8号
  • リーダー:フロロカーボン16lb
  • 仕掛け:片テンビン+オモリ8号
  • 針:ちょい投げ釣り用7号2本針
  • 餌:ジャリメ
スポンサーリンク

序盤から生命反応あり

赤灯台がある堤防に入り、餌のジャリメを針に付けて投入します!

今回の竿はキャスト性に優れたライトショアジギングロッドなので、オモリ8号でも70~80mくらいは軽く飛びます。

使用したジャリメ

着底後はゆっくりさびいて手前まで探ります。

すると足元まで来たところで早速明確なアタリが来ます!

しかし軽くアワセて回収すると上がって来たのはフグ…

幸いハリスは切られなかったのでそのまま続行です。

手前ではフグが連発しそうだと思ったので沖を中心に攻めます。

しばらくするとまた明確なアタリが来ます!

今度は違う魚です。

釣れたのはホウボウでした。ヒレが綺麗で好きな魚です。

美味しい魚ですが20cm弱と小さいので後でリリースします。

その後メゴチもヒットします。

釣り場は混んでいないので、シロギスを求めて立ち位置を変えながらキャストします。

すると移動後のキャストでビビビッとアタリがあり、遂に本命が!

本命のシロギス

小型のキスでしたがとりあえず釣れて一安心です。

さらなる釣果を求め、少しづつ移動を繰り返してシロギスの居場所を探ります。

なかなか連発とはいきませんが、続けているとアタリがまた来ます。

ライトなルアーロッドでの釣りはアタリがより鮮明で面白いです。

その後、結局2時間くらい掛けて合計5匹釣れました。

ルアー釣りではアタリなし…

夕まずめになり、今度はジグをキャストしてフラットフィッシュも狙ってみます。

釣り場ではベイトとなるカタクチイワシも多数釣れていたので、ヒラメが入っていると期待します。

しかし暗くなるまで狙いましたが、こちらはアタリなしでした。

シロギスは2桁釣果とはなりませんでしたが、この時期に釣れたので良しとします!

また夏にリベンジしたいです。

タイトルとURLをコピーしました