【林崎漁港】夜釣りでのちょい投げで今シーズン初のアナゴ!

林崎漁港のアナゴ 釣行記

5月も中盤に入り、暖かい時期になってきました。

夜間の寒さもなくなってきたので、夜釣りでアナゴを狙ってみたいと思います。

今回の釣り場は兵庫県明石市の林崎漁港です。

スポンサーリンク

港内で釣り開始

林崎漁港の港内

日没後の19時半頃に釣り場に到着しました。

釣り座は港内の岸壁です。

既に先行者が何組か入っていました。

同じくアナゴ狙いのようです。

今回は以下のタックル2本を使用しました。

1本目
  • 竿:ライトショアジギングロッド ミディアム10ft
  • リール:ダイワ3000番
  • 道糸:PE1.2号
  • 仕掛け:オモリ10号+アナゴ針12号
2本目
  • 竿:ショアジギングロッド ヘビー10ft
  • リール:ダイワ4000番
  • 道糸:PE2号
  • 仕掛け:ジェット天秤10号+アナゴ針12号

手持ちのショアジギングタックルを流用して、ちょい投げ釣りを行います。

餌はアオイソメを500円分購入のみしてきました。

2~3時間程度サクッと行うつもりなので、これで十分でしょう。

なお、片方のタックルでハリス部分にケミホタルを付けてみました。

ケミホタルの有無による効果も気になっていたので比較してみます。

タックルの準備を終え、仕掛けを投入したら置き竿にして待ちます。

しばらく待ったら仕掛けを手前にサビいて探ったりもしてみます。

しかし途中でモワッとした重みが乗ります。

引き上げてみるとやはり海藻が絡んでいました。

海底には結構生えていそうなのであまり仕掛けを動かさないようにしてみます。

そして10分ほど経ってからアタリを聞いてみると、今度は明らかに海藻とは異なる手応えを感じます!

いきなり本命が来ました!

ケミホタルを付けた方にヒットしていました。

サイズは40cmくらいとまずまず。

しかしもう片方の道糸とクロスしており、盛大にオマツリしました。

アナゴの体にラインが巻き付き、修復不能な状態に。。。

なんとかアナゴを外して、仕掛けを作り直します。

その後も継続してヒット!

今度は互いの仕掛けが近づかないよう、投入点に気をつけてキャストします。

また数十分待っていると、仕掛けの回収時に先ほどよりも軽めですが何かがヒットしました!

今度は25cm程度と小ぶりのアナゴでした。

このまま順調に釣果を伸ばせるかと思いましたが、ここから1時間以上何も反応がなくなります。

釣り場も空いていたので左右に位置を変えながら投入を続けます。

しばらく我慢の時間が続き、22時頃になったところで待望のヒットが!

先ほどよりも良型のアナゴです!45cmはありそうです。

針を外して再投入すると、さらにもう一本すぐに追加しました!

そして23時前になり、ここで餌が尽きたので終了としました。

ちなみに良型3本はケミホタル付きの仕掛けに掛かりました。

本日の釣果

林崎漁港のアナゴ
  • アナゴ✖️4(25~45cm)

約3時間の釣行でしたが、複数本のアナゴを釣ることができて良かったです。

一番小さいアナゴはリリースして3本持ち帰ります!

久々に食べるので楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました