【垂水漁港】朝マズメからのフカセ釣りでバラシの後に良型チヌがヒット

釣行記

本日は神戸市の垂水漁港での釣行です。

ターゲットはチヌで、フカセ釣りで狙います。

今回は早起きして夜明け前に釣り場に到着しました。

釣り座は漁港東側の堤防に入りました。

早朝の垂水漁港
スポンサーリンク

序盤から反応あり

この日は以下のタックルを使用しました。

  • 竿:1.25号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ウキ:00号
  • ガン玉:G5
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワー激重1袋+チヌパワームギスペシャル1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌

今回は重ための撒き餌をベースにしました。

餌の準備をタックルを組み立てて、ちょうど日の出の時刻から釣り開始です。

開始後数投で付け餌のオキアミが齧られていました。

沖15mあたりのポイントに的を絞って続けます。

すると気づかないうちに針にハゼが付いていました。

餌取りも寄っていますが、アジやサバが居ないだけ随分助かります。

刺し餌のオキアミを付けて続行します。

すると開始1時間経過した頃に強いアタリが来ました!

そしてドラグがジリジリと出されます。

竿で頑張って耐えましたが、途中でフッと軽くなりました。

かなり強い引きで止められませんした。。。

チャンスを活かせず悔しいです。

しかしそれから1時間ほど経って、もう一度アタリが来ます!

今度もかなり強い引きです。

左右にグングン走りなかなか浮いてきません。

竿を立てて持ち上げようとしますが、すぐに突っ込んでラインが出されます。

もしかしてボラか。。。?と考えましたが、しばらく格闘して水面に見えてきた姿はチヌでした!

かなり良いサイズです。

しんどいヤリトリでしたが空気を吸わせ、勝負ありです。

釣れたサイズは51cmでした!

無事取り込めて良かったです。

渋い雰囲気になった後半戦

時刻は9時を過ぎて陽が高くなりました。

それまでは付け餌が齧られたりしていましたが、だんだんとそのまま残るように。

練り餌に変えても反応がありません。

なんとなく厳しい雰囲気になっていくのを感じます。

しかしそんな中で5分ほど仕掛けを流し、回収しようとすると何かがヒットしました。

今度はそれほど苦労せずに浮いてきます。

よく釣れる外道のカンダイ

正体はカンダイでした。

30cmほどでしたが良い引きをしてました。

それからはヒットがなく、11時に餌が尽きたので納竿です。

本日の釣果

  • チヌ×1(51cm)
  • カンダイ×1(30cm)
  • ハゼ×1(10cm)

この日は餌取りも少なく、チヌを狙いやすい条件でした。

しかしこれから夏場になると大量の餌取りが湧くようになり、より難しくなるでしょう。

そんな中でも釣果を出せるよう頑張りたいです。

タイトルとURLをコピーしました