【加太港】春シーズンのカレイ狙いで良型が来ました

釣行記
スポンサーリンク

3月も後半に入り、ようやく暖かくなってきたので久々に釣行することにしました。

この時期の釣りといえばやはりカレイは外せません。

カレイは厳冬期には産卵のため餌を食わなくなると言われますが、そろそろその時期も終わり活性が上がってくるだろうと考え、狙うことにしました。

今回の釣り場は和歌山県の加太港です。

スポンサーリンク

昼から釣り開始

本日は午後の時間帯で釣りをすることに。

投げ釣りタックルは以下の2本を用意しました。

1本目
  • 竿:投げ竿30号 4.05m
  • リール:シマノ 投げ釣り用リール
  • 道糸:PE2号+力糸5-12号
  • 仕掛け:ジェット天秤30号+市販カレイ仕掛け2本針12号
2本目
  • 竿:ショアジギングロッド100H 
  • リール:ダイワ投げ釣り用リール 4000番
  • 道糸:PE2号+力糸5-12号
  • 仕掛け:ジェット天秤20号+市販カレイ仕掛け2本針12号

12時頃から開始です。

釣り場は海水浴場横の堤防で、海底が砂地になっているエリアです。

餌はマムシとアオイソメの2種類を使用します。

2本の竿で遠投&近投してアタリを待ちます。

突然のアタリ!

開始後しばらくは餌も取られず、反応がありませんでした。

まあ低水温期の釣りは渋いのが当然なので気長にまったりと待ちます。

たまに誘いをかけたり、餌をチェックして投入し直したりします。

そうして2時間くらい過ぎた頃、ボーッとしていると。。。

遠投していた長い竿のドラグがジリリッと鳴りました!

1分程様子を見ます。

その後は特にアタリは出なかったのでここでアワセることに。

そしてそのまま回収にかかります。

仕掛けを100m程沖に投げており、最初はよく分かりませんでしたが寄せてくると確実に魚の重みを感じます!

そして海面には本命の姿が!

無事タモインして確保です。

釣れたのは35cmの良型マコガレイでした!

このサイズになるとそこそこ肉厚で食べ応えがあります。

満足の1枚です。

ヒットした仕掛けはこちらです。

最近そこそこの実績があります。

日没まで粘るもその後は続かず

そのままアタリが続いてくれるかと思いましたが、そうはうまく行かず。

夕方まで投げ続けましたがその後は特にアタリもなく納竿です。

カレイはこれからいよいよ春の本格シーズンだと思うので、また良型を釣れるように頑張ろう。。。

タイトルとURLをコピーしました