【淡路島・津名港】早朝にカレイが1枚!その後は餌取りの猛攻…

釣行記
スポンサーリンク

今回の釣り場は淡路島の津名港です。

前回に続きノッコミシーズンのカレイを投げ釣りで狙います。

夜明け前に明石海峡大橋を渡り、淡路インター近くの釣具屋で餌を買います。

ここは24時間営業なので助かります。

この日はマムシとアオイソメを用意しました。

釣り場は観光案内所の目の前の堤防です。

駐車場も目の前にあり便利な釣り場です。

スポンサーリンク

早朝に本命がヒット!

本日のタックルは以下です。

1本目
  • 竿:投げ竿30号 4.05m
  • リール:シマノ 投げ釣り用リール
  • 道糸:PE2号+力糸5-12号
  • 仕掛け:海草天秤30号+市販カレイ仕掛け2本針14号
2本目
  • 竿:ショアジギングロッド100H 
  • リール:ダイワ 4000番
  • 道糸:PE2号
  • 仕掛け:ジェット天秤15号+市販カレイ仕掛け2本針14号

今回は投げ釣り専用のリールを導入しました!

ドラグ調整が瞬時にできるハイスピードドラグ搭載モデルです。

朝マズメから釣り開始です。

まず手前50m付近から探ることに。

針には1本ずつマムシとアオイソメを付けて投入です。

早朝の津名港堤防

堤防の手前は敷石が入っていますが、沖は砂地のようです。

この日は風が強い予報でしたが、朝の時点ではあまり吹いておらず釣りやすいです。

しばらく仕掛けを放置してアタリを聞いてみます。

1本目はアタリなし。。。

餌も残っています。

2本目は根がかりしていました。

取れそうにないので引っ張って切ることに。

ハリスは取れましたが、まだなんとなく重いような。。。

そして回収してみるともう一本の針にはカレイが!

津名港のカレイ

アタリは分かりませんでしたが掛かっていました!

サイズは24cmと小型でしたが本命が早々に釣れました。

その後餌取りに苦戦

しかしここからは厄介な餌取りであるウミケムシの猛攻を受けます。

特にマムシを付けた針に良く付いてきます。

刺されないよう注意して外さなければならないので手返しも悪くなります。

途中、小さなアタリが会ったと思ったらハゼが掛かっていました。

また10時頃からは風が強くなり始め、アタリが取りづらくなります。

マムシはウミケムシがすぐに掛かってくるので、アオイソメを中心に攻めることに。

ここで堤防の内側でのちょい投げをしていた他の釣り人さんにもカレイがヒットしていました!

結構近くまでカレイが寄っているようです。

しかしこちらではカレイのアタリは遠のいてしまいました。。。

広範囲を探りましたがその後も2枚目のカレイは釣れず。。。

本日の釣果

  • マコガレイ×1(24cm)
  • ハゼ×1(10cm)

12時頃になり餌切れで終了です。

他の釣り人にもカレイがヒットしているようでしたが、良型には巡り合えず。。。

また挑戦したいです!

タイトルとURLをコピーしました