【アジュール舞子】カレイ狙いの投げ釣りで小型でしたが本命が1枚

釣行記
スポンサーリンク

11月に入り、最近の釣果情報ではカレイの姿も見られるようになってきました。

最近投げ釣りはしていなかったので、今回は久々にカレイ狙いにすることに。

神戸市にあるアジュール舞子では遠投なしでも釣果が挙がっているようです。

手軽に狙えそうなので、この釣り場へ行くことにしました。

午後からは風が強くなりそうだったので朝マズメから午前中一杯やるつもりで出発です。

途中釣具屋で仕掛けと餌を買い、ちょうど日の出付近の時間に釣り場に到着しました。

スポンサーリンク

1投目からアタリあり!

この日は休日ということもあり、多くの釣り人がおりました。

カレイ狙いに適している潮の緩いワンド部へ行き、なんとか空いてる場所に入り準備します。

投げ釣りタックル2本体勢で挑みます。

1本目
  • 竿:投げ竿30号 4.05m
  • リール:ダイワ 4000番
  • 道糸:PE2号
  • 仕掛け:海草天秤30号+市販カレイ仕掛け2本針11号
2本目
  • 竿:ショアジギングロッド100H 
  • リール:ダイワ 3000番
  • 道糸:PE2号+リーダー8号
  • 仕掛け:海草天秤30号+市販カレイ仕掛け2本針11号

餌は青イソメ・青コガネ・ユムシを用意しました。

遊動式でアタリが分かりやすい海草天秤を選び、オモリは仕掛けが潮流に負けずしっかり止まるよう30号を使用します。

仕掛けはビーズなどの装飾品が付いたカレイ専用のものでアピールします。

仕掛けは予備も多めに用意。一番左の仕掛けから使用することに

まず第一投は青イソメを付けて様子見です。

軽く投げて30mくらいの地点に着水し、そのまま放置します。

すると早速アタリがあり、竿先が揺れます。

しかし餌取りなのか不明です。。。

とりあえず5分程そのままにしておくと、時々コンコンッと叩くアタリが続きます。

ここで試しにアワセてみると竿に重みが乗ります!

そんなに大きくなさそうですが確実に魚が付いてるのが分かります。

そして寄せてくると平べったい白い魚体が!!

朝一で釣れたカレイ

25cmの小型でしたがいきなり本命のカレイが釣れました!

狙い通りの嬉しい1枚です。

餌取りの活性も上がりだす

サイズアップを狙い続行しますが、それから虫餌は餌取りに取られ続けて苦戦します。

2本目の竿はユムシを付けて投げましたが、こちらは反応なしです。。。

50~60m程投げると餌取りは少なくなるようでしたが、カレイのアタリもありません。

前後に投げる距離を変えていき、ポイントを探ります。

しかし投入後すぐに小さなアタリがあり、餌が取られているパターンが多いです。

途中、一度針掛かりしましたが20cmほどのフグでした。

他の投げ釣り師にもカレイは掛かっていない様子。

それと、見ているとサビキ釣りも渋いようでした。

夏場に湧いていたアジはもう居なくなったみたいです。

また途中で予報どおり風が吹き出します。

横風になるので少しやりづらくなります。。。

周りでも釣果を見かけることなく時間が過ぎていき、11時になったところで餌が尽きて納竿です。

本日の釣果

  • マコガレイ×1(25cm)
  • フグ×1(20cm)

結局朝一で釣れた1枚のみでした。

今シーズンは良型カレイを釣れるように頑張りたいです。。。

タイトルとURLをコピーしました