【検見川浜突堤&花見川】シーバスを求めてランガンし本命+αをゲット

釣行記
スポンサーリンク

今回の釣行は東京湾奥でのルアー釣りをしたいと思います。

釣り場は千葉県の検見川の浜周辺をランガンして、ルアー釣りでの人気が高いシーバスを狙います。

夕まずめ〜夜の時間帯を狙って、午後3時ぐらいに釣り場へ到着しました。

スポンサーリンク

ヨットハーバー側の堤防で釣り開始

まずは稲毛ヨットハーバー側の検見川浜突堤に入りました。

今回は以下のタックルで勝負です。

  • 竿:シーバスロッド9.0ft ML
  • リール:ダイワ 2500番
  • 道糸:PE0.8号+リーダー16lb

デイゲームでのスタートなので、ルアーは鉄板バイブレーションを選びました。

堤防の沖向きでフルキャストして探ります。

ボトムを中心に攻め、時折カラーチェンジをしたりして投げ続けますが開始後しばらくアタリはありません。

他にもシーバス狙いと思われるルアーマンが入っていましたが、特に釣果は挙がっていないようです。

長い堤防の空いている各ポイントに移動しながら、キャストを続けます。

海面ではボラがよく跳ねていますが、その後もシーバスはなかなか掛かりません。。。

しかし午後5時を過ぎたところでゴンッと来ました!

手応えは軽く、難なく寄せてくると何やら細長いシルエットが見えます。

なんだ??と思いましたが正体はこちら。

25cm弱のカマスでした。

ここで釣ったのは初めてです。

その後、シーバスを狙って粘りましたが釣ることはできませんでした。

花見川でナイトゲーム

花見川河口

堤防の方でアタリがなかったので、少し移動して花見川河口でやってみたりしました。

こちらではワームを中心に橋脚も攻めてみましたが成果は得られず。。。

シーバスを求めてさらに上流へ移動してみます。

完全に暗くなり、別のポイントで再開します。

水深は浅く、せいぜい2m程の場所なので今度はフローティングミノーを使用してみます。

水面下50cmくらいをゆっくりただ巻きで引きます。

するとさっきよりも大きいアタリが!!

水面で暴れる姿は本命のシーバスでした!

小さめの個体だったのでそのまま抜き上げます。

小型のシーバス

40cmほどでしたがようやく本命ゲットです。やりました。

さらに大物を狙って続けます。

ここで岸近くのシャロー帯で、流れの変化があるポイントが気になったのでシャロー用のミノーで探ることに。

すると3投目でヒットします!

今度はなかなかの重量感です。

エラ洗いでバレないよう注意しながら、なんとか寄せてきます。

そしてランディングも成功です!

今度は60cmの良型でした!楽しいヤリトリができました。

この1本で満足したのでこの日はこれで納竿としました。

タイトルとURLをコピーしました