【アジュール舞子】フカセでチヌ釣り!良型も出ました

釣行記
スポンサーリンク

今回の釣り場はアジュール舞子です。

過去にはショアジギングで青物を釣ったりした場所ですが、今はまだ少し時期が早そうなのでフカセ釣りでチヌを狙うことにしました。

キレイに整備された釣りやすい護岸で、多くの人が訪れる人気ポイントです。

駐車場も近いのでありがたいです。

スポンサーリンク

本日のタックル・餌

  • 竿:1.2号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ガン玉:G2
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:爆寄せチヌ1袋+湾チヌスペシャル1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌

しっかり濁りの出る撒き餌でこの日は勝負です。

ワンド内で釣り開始

このアジュール舞子は潮流が速い明石海峡に面していますが、今回は潮が緩くてやり易いワンド内でやることにしました。

9時頃に釣り開始です。

沖10mほどに投げて様子見します。

水深はそれほど深くなく、5mくらいです。

またワンドの一番奥ですが、左から右へまあまあの流れがあるようです。

潮上へ投げ、撒き餌を打ったポイントを通過したら回収することを繰り返します。

もう少し潮が緩いとやりやすいなーと考えていると、一度餌盗りのチャリコが釣れました。

しばらくしてようやくの本命

付け餌をオキアミ・練り餌を交互に試して反応を探ります。

そして2時間ほど経った時、アタリが来ます!

ゴンゴン竿を叩く引きで、チヌっぽいです。

サイズは30cmくらいかなと思いましたが、浮かせる前に針外れでバラしました。。。

掛かりが浅かったようでした。

しかしそれからすぐに次のアタリが!

スイスイと寄せてきて、取り込んだのは27cmのチヌでした。

1枚目のチヌ

小さいですがとりあえず本命確保です^^

そして良型も現る

まだまだ餌があるので続行です。

しかしここからアタリが一旦止まります。

そこでもう少し沖へ投げたりしてポイントを探ります。

潮流はさっきよりも緩くなったので、ガン玉を軽いものに変えたりしました。

1時間程経ち12時前になった頃、仕掛けを回収しようとしたらグッと重みが乗ります!

アタリは全くなく、居食いパターンでした!

さっきよりも確実に重いです。

しっかりアワセ、しばらく竿で耐えていると海面に浮いてきました。

やはり良型です!

アジュール舞子で釣れたチヌ
2枚目は良型

43cmのチヌです。

楽しいヤリトリができました。

最後はまたもバラシ…

さらに3枚目を狙っていると、本日4回目のチヌらしいアタリが来ました!

足元でグングン突っ込みます。

その時、思わずラインを出した瞬間にフッと軽くなりました。。。

ハリスを見ると根ズレした跡があります。

根に当たった状態でレバーブレーキを使ってしまったみたいです。

ヤリトリの技術がまだまだですね。。。

アジュール舞子で釣れたチヌ

ということでこの日の釣果はチヌ2枚(43cm,27cm)です。

釣れて良かったものの、バラシが悔しい釣行でした。

もっと練習が必要ですね。頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました