【波崎新港】夏のフカセ釣りでクロダイ(カイズ)連発!周りでは青物の釣果も!

釣行記
スポンサーリンク

本日は茨城県の波崎新港にやってきました。

今回はフカセ釣りでクロダイを狙いたいと思います。

ここは千葉県との県境に位置しており、利根川の河口部に位置しています。

この付近では夏になるとカンパチやイナダなど、小型回遊魚も回ってくるそうなので今回運が良ければそちらも釣れてくれたらなと思っています。

朝方、釣り場までの道中は雨がパラついておりましたが、釣り場に着くと天候はバッチリ回復しました!

快晴の波崎新港
スポンサーリンク

タックル・餌

本日のフカセ用タックルです。

  • 竿:1.25号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:ナイロン1.8号
  • ウキ:円錐ウキG2
  • ハリス:1.2号 2ヒロ
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワーDASH1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ

港内の釣り場は広大&足場良し

本日は港内でメインの釣り場となる東側外向きのポイントに入りました。

見た目は同じような岸壁が続いています。どこでも地形はそんなに変わらないだろうと思い、釣り座は空いていた真ん中あたりの位置にしました。

ここは岸壁に車を横付けできるので、特に荷物の多いフカセ釣りの時は楽です。

ひとまずこの釣り場は初めてなので、水深を調べて棚アワセをしてみます。

干潮を少し過ぎて潮の上り始めのタイミングで、手前5m付近の水深は3.5m程。

結構浅いです。

竿3本分投げてもそこまで変わらず、せいぜい4m程でした。

あまり変化はなくフラットな砂泥地のようです。

このような場所にもクロダイがいるのか少し不安になります。

港内は浅めの砂地が広がる

釣り開始!

準備を一通り終え、11時頃に釣り開始です。

まず足元に撒き餌をして様子見すると、餌取りとなるスズメダイらしき小魚が沸いてきます。

しかし10mくらいの位置に数投したところ付け餌のオキアミはほぼ残ったままでした。

高水温なので餌取り地獄を覚悟してましたが意外にいけそうです。あとは本命を寄せるだけ...

そして開始30分頃、なんとなくウキが少しだけ沈んでるなーと思って見ていたらそのまま勢いよく入っていきました!

すかさずアワセますが軽い。。。空振りでした。

ハリスをチェックしたら針の上がよれてたのでクロダイっぽかったです。

本命が居そうな雰囲気がしてきたので俄然やる気が出てきました!

本命をゲット!そして餌取り襲来

次のアタリはそれから1時間後くらいでした。今度は完全にウキが沈みきるまでじっくり待って合わせたら掛かりました!

上がってきたのは22cmのクロダイ(カイズ)でした。このサイズはそのままごぼう抜きです。

小さいですがとりあえず1枚出て安心です。

1枚目のカイズ

サイズアップを狙って、撒き餌を打ち続けますが、このあたりから小サバが釣れ出しました。

15cmほどのサバがこの後も連発します…

厄介な餌取りですが、幸い数はそこまで多くないみたいです。

撒き餌ワークで十分躱せます。

足元に1杯餌取り用の撒き餌を打ったあと、15m程度投げて刺し餌を沈めれば割と大丈夫です。

そのような状況で続けていると、またアタリが来ました!

さっきよりも強い引きです!

浮いてきたのは今度も本命クロダイです。サイズは30cmくらいでした。

今度はタモ入れして取り込みます。サイズアップ成功です。

3枚目のチヌと青物の登場!

それからしばらくアタリが止まりましたが、15時頃になりもう一度きました!

今回は居食いしていたようです。仕掛けを回収しようとしたら掛かりました!

3枚目は26cmでした。

さらに、他の釣り人さんがルアーでカンパチを釣っていたようでした!

サイズは30cmほどのショゴサイズでしたが良い引きをしていました。

小サバを追って港内に入ってきたのでしょうか。

さっき釣ったサバで泳がせ釣りをすれば良かったかもしれません。

本日の釣果

その後、撒き餌が尽きたので16時ごろで納竿としました。

・クロダイ(カイズ)×3 (22~29cm)

・小サバ×たくさん

本日の釣果

この釣り場はあまりフカセ釣りの事前情報がなかったのですが、釣果が出て良かったです^^

また今回は生オキアミでもそこまで餌取りにやられず、練り餌はほとんど使いませんでした。

今日見た限りは他にフカセをやっている人はいませんでしたが、ここではクロダイ釣りはメジャーではないのでしょうか?

しかし魚の数は割と居そうだったのでおすすめだと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました