【垂水漁港】フカセ釣りで50cmオーバーの年無しチヌ現る!

釣行記
スポンサーリンク

今回は兵庫県神戸市の垂水漁港での釣行です。

4月も下旬に入り、ノッコミシーズンが始まっていると思われるチヌをフカセ釣りで狙います。

春は大型もよく釣れる時期であるため、サイズに期待して頑張ります。

スポンサーリンク

初ポイントで釣り開始

朝7時過ぎに釣り場に到着です。

この日は休日ということもあり、漁港はすでに多くの釣り人で活気があります。

以前チヌを釣った漁港西側のポイントは満員のようなので、今回は東側の長い堤防に向かいました。

漁港東側の堤防

堤防先端の方は既に先行者で一杯です。

見たところ既に何人かのチヌ師も入ってました。

ファミリー層も多いみたいです。

手前の方になんとか空きスペースを見つけて入ることができました。

しかし船の係留用のロープが左右に入っています。やりとりの技量が試されそうです。。。

この日は以下のタックルを使用しました。

  • 竿:1.25号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ウキ:00号
  • ガン玉:G3
  • 針:チヌ針1号
  • 撒き餌:チヌパワー日本海1袋+爆寄せチヌ1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌

この漁港は水深が割と深いので重ための撒き餌をベースにしました。

仕掛けはウキ00号を使用した沈め釣りで挑みます。

準備を終えて8時前にスタートです。

まず付け餌はオキアミで様子見します。

15mくらいのポイントに狙いを定めます。

やはりこのあたりは全体的に水深が深く、10m以上ありそうです。

足元には2,3cmのマイクロベイトがいますが、沖には餌取りはいないようです。

また港内は流れも緩いのでやりやすいです。

右から左へわずかに流れています。

最初は反応がありませんでしたが、30分程経って餌が取られ始めます。

チヌが寄ってきたか…?と思い集中します。

そして、じわーっとしたアタリが出ます!

アワセるとずっしりした重み!良型と確信します。

障害物に擦られないよう早めに浮かしたいですが、なかなか上がってきません。

しかしなんとかロープに走られないよう食止めて粘っていると、銀色に輝くチヌの姿が見えてきました。

今まで見たことのない大きさです!焦らずタモ入れし引き揚げます!

これはでかい。。。50cmのタモ枠と同じくらいの大きさがあります。

早速計測します。

52cmの年無しサイズでした!ついにきました!

久々のフカセ釣りだったので、ここで来るとは思ってませんでしたが釣れて良かったです。

それにしても50cmを超えると魚の存在感がすごいですね。

その後は餌取りも現れる

続けて2枚目も狙って頑張ります。

しかし日が高くなるにつれて厳しそうな雰囲気に。。。

途中、何か居食いしてると思ったらハゼが付いていました。

これが釣れるということは、やはり海底は完全な砂地のようです。

今回は根がかりも全くありませんでした。

そしてこの後もう1匹同じサイズのハゼが釣れました。

餌取りのアジも釣れ始める

さらにアタリが無いまま、11時を過ぎた頃ようやく反応が出ました。

今度はビビビッっとラインが出るアタリでしたが、20cm弱のアジでした。

そしてこの後もオキアミを付けると、仕掛けが馴染む前にアジらしきアタリが続きます。

そこで今度は練り餌を試します。

しかしこちらにはアタリがありません。

仕掛けを投入するポイントも、手前や沖など色々変えてみましたが変化無しです。

本日の釣果

撒き餌が尽きるまで粘りましたが、それからはヒットせず13時前に撤収です。

結局チヌは1枚でしたが、大物が釣れて満足です。

  • チヌ×1(52cm)
  • ハゼ×2(15cm)
  • アジ×2(18cm)
タイトルとURLをコピーしました