【都志港】フカセ釣りで小型キビレが連発するも良型はヒットなし…

釣行記

今回はフカセ釣りでのチヌ狙いです。

6月に入り、そろそろノッコミも終わりかと思いましたが調査も兼ねて出撃です。

場所はこれまであまり行っていなかった淡路島の西側にある都志港です。

スポンサーリンク

港内の岸壁で開始

現地への到着は朝9時頃と遅めでした。

今回は港内の岸壁から釣ることにしました。

ここは車を横付けできるので便利です。

ポイントは既に釣り人でほぼ埋まっていましたが、かろうじて空いていた場所に入ります。

都志港の岸壁

使用タックルは以下になります。

  • 竿:0.6号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ウキ:00号
  • ガン玉:G5
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワーVSP1袋+チヌパワームギスペシャル1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌

まずは15~20m沖のポイントに狙いを定めて開始します。

港内なので流れは緩く、やりやすそうです。

周囲はサビキ釣りをするファミリー層が多く、小サバがポツポツと釣れていました。

ただ、幸いこちらの付け餌はそれほど猛攻を受けずに済みました。

開始後しばらくアタリ待ちとなりましたが、仕掛けを回収しようとしたところアタリが出ました!

手応えは軽く、難なく上がってきます。

まずは20cmちょっとのキビレでした。

少しもの足りないのでサイズアップを狙いたいところです。

それからポツポツとアタリが出始めますが、ヒットするのは。。。

これまた同じようなサイズのキビレが続きます。

その後も同サイズが連発

魚の活性はまあまあ高いようですが、微妙な重量感があるアタリが続きます。

そして正体はどれも小型のキビレです笑

もしかしてこのサイズしか居ないのか。。。?

せめて30cm以上のサイズを釣りたいですが、良い引きをする魚はなかなか掛かりません。

餌をオキアミから練り餌に変えたりもしてみました。

そして昼過ぎまで続けること約4時間。

このとおりの釣果になりました。

見事に小キビレのみです。

本日の釣果

  • キビレ✖️7(20~23cm)

狙っていた良型のチヌは出ませんでした。

アタリは多かったですが、もう少し良い引きも味わいたかったところです。

これから餌取りも増えて難易度が上がる時期ですが、この夏もフカセ釣りを楽しみたいです。

タイトルとURLをコピーしました