【炬口漁港】投げ釣りでのシロギス狙いは苦戦&明石港で延長戦

釣行記

今回は夏も近づいてきたのでシロギスを狙って投げ釣りをすることにしました。

また最近キス釣り用の専用リールを購入したので、そのテストも兼ねた釣行です。

釣り場は淡路島中腹にある炬口漁港にしました。

スポンサーリンク

序盤は生命反応なし

この日は12時頃に家を出発し、到着は14時前でした。

堤防にはそこそこの釣り人が入っていますが、空きスペースも十分です。

まずは沖向きにの釣り座に入りました。

使用タックルは以下です。

  • 竿:ダイワ投げ竿30号4.05m
  • リール:シマノ投げ専用リール
  • 道糸:PE0.8号+力糸PE0.8-6号
  • 仕掛け:錘付き天秤27号+キス用2本針7号
  • 餌:ジャリメ

今回初めてキス釣り専用のリールを使用します。

ラインは遠投性を重視して0.8号と細めにし、力糸もPEラインにしてみました。

どの程度飛ぶのか楽しみです。

また天秤の空気抵抗が少ない形状の錘付きのものにしました。

ちなみに以前は同じ竿でカレイ釣り用のPE2号を巻いたリールで、せいぜい100mちょっとが限界でした。

2本針にジャリメを小さめに付けて、釣り開始です。

本格的な投げ釣りは久々なので、まずはコントロール重視で7割くらいの力でキャストします。

ほぼ正面にビューンと飛んでいくと、100m弱ラインが出ました!

これは本気で投げたら結構飛びそうな気がします。

しかし手前に仕掛けを引きながら誘っていると、いきなり根掛かり。。。

新しい仕掛けを付けて今度はフルスイングします。

すると仕掛けは先ほどよりもさらに沖に!

着底後、糸フケを取って6色目に差し掛かるところまで出ていました!

力糸13mを足すと、約140mの飛距離です。

ここまで飛ばせたのは初めてです。

やはり専用の道具はすごい。。。

ちなみに全てオーバースローでのキャストです。

スリークォーターならさらに飛ばせるでしょうが、まだちゃんと投げられないのでこれから練習します。

しかし遠投で広範囲を探りましたが、アタリはありません。

海底には海藻が結構生えているらしく時折引っかかり、やりづらさを感じたので少し移動することに。

移動後ようやく本命がヒット!

沖向きの堤防から90度曲がり、根元側に戻ってきました。

少し水深は浅くなりますが、沖は障害物がなくなりやすいです。

第1投目の着水点付近で、いきなりアタリがありました!

針掛かりはしませんでしたが、先ほどよりも期待できそうです。

そして数投して待望のヒット!

本命のシロギス

少し小ぶりですがようやくシロギスが来ました!

しかしそこから数を伸ばせるかと思いましたが、なかなかアタリが出ません。

同じポイントに投げ続け、たまに来る小さなアタリをどうにか拾っていきます。

どうやらここは3色以上沖は完全な砂地のようですが、手前側は引いてくるとゴツゴツとした感触となり様子が異なるようです。

何度か手前まで探ってみましたが、アタリは沖の方のみありました。

スローペースながらもなんとか釣っていきます。

なおシロギスの他にもメゴチやチャリコも混ざりますが、どれも小さいです(笑)

なお、サビキ釣りをしている釣り師には時々小アジが掛かっているようでした。

そのまま夕方まで粘りましたが、結局シロギスは4匹で終了。。。

まだ少し時期が早かったかもしれません。

このままでは物足りないので延長戦に突入です!

明石港でアナゴ狙い

明石港新波止

明石海峡大橋を渡って、本土に戻って来ました。

一旦夕食を済ませて時刻は21時です。

第2ラウンドは同じく投げ釣りでアナゴを狙うことにしました。

この新波止と呼ばれる場所はルアーマンに人気なようで、この時間にも多くの釣り人が居ました。

沖向きはルアーマンに人気

見ていると沖向きで良い型のサバが釣れていました!

この近辺で毎年恒例の大サバの回遊がもう始まっているようです。

私は内向きでアナゴ仕掛けをぶっこみます。

アナゴ用の餌はアオイソメにしました。

仕掛けを投げたらドラグフリーにして、のんびりアタリを待ちます。

港内は割と狭いので、投げ釣り用の竿では完全にオーバースペックです。

取り回しのし易いちょい投げタックルで十分でしたね。。。

港内では他にもアナゴ狙いらしき釣り人も居ました。

しばらく仕掛けを置いて回収すると、結構海藻が絡まってきます。

投入後にあまり動かさないようにして待っていると、ドラグがジジジッ!と鳴りました!

アワセるとまあまあの重みです!

早速本命ゲットかと思いきや。。。

釣れたのは良型のガシラでした。

サイズは22cmです。針を外して再開します。

しかしそれからはなかなかヒットしません。

途中で先行者の釣り人に話しかけられ、今日アナゴは釣れたが渋かったとのこと。

前回のように簡単に釣れるかと思いましたが、そう甘くはなさそうです。

餌を20~30分ごとに付け替え、アタリを待っていると回収時に魚の手応えが!

今度こそ!と思いましたが正体はまたもガシラ。。。

それから餌を使い切るまで続けましたがアナゴははヒットせず。

午前0時前に撤収です。

本日の釣果

  • シロギス✖️4(10~14cm)
  • ガシラ✖️2(20~22cm)

今回はもう少し釣れるかと思っていましたが、なかなか厳しい釣行でした。

しかし新タックルのテストも出来たので良しとします。

今年は200mの遠投をマスターして、サーフでシロギスをバンバン釣りたいです!

タイトルとURLをコピーしました