【加太港】ノッコミシーズンのフカセ釣りで大型チヌ

釣行記
スポンサーリンク

4月に入り海水温が上昇する時期になりました。

冬の海は魚の活性が低く、なかなか釣果に恵まれない日も多いですがそんな時期も過ぎ、そろそろいけるだろう!と思い、出撃することに。

とはいえ、湾奥はまだ水温が低めなので少し南へ行くことにします。

大阪の泉南エリアを目指して出発です。

なお、今回は春のノッコミを迎え、大型も望めるチヌをフカセ釣りで狙います。

スポンサーリンク

小島漁港は超満員

選んだ釣り場は大阪府と和歌山県の境にある小島漁港にしました。

人気の釣り公園であるとっとパーク小島のすぐ横にあります。

ここは大阪方面からだと泉佐野インターで高速を降り、その後は下道で30~40分程走るので少し大変です。

朝7時ごろにようやく釣り場に到着です。しかし。。。

小島漁港の波止

港内も外向きの波止も人でいっぱいです。

来るのが遅かったみたいですね。。。諦めて移動します。

加太大波止で釣り開始

次の釣り場はキャパが大きく、どこかしら入る場所はあるだろうと思い、加太港を目指すことにしました。小島漁港からそのまま南下し、和歌山県へ突入します。

10分程走って、波止の根元にある駐車場に到着です。

ここは有料ですが1日700円で利用できます。

一番人気の大波止にはそこそこ人が入っており、外向きはほぼ埋まっていました。

しかし流れが緩い内向きの方がやり易いだろうと思い、空いているスペースに入ります。

大波止
加太大波止での釣り座

準備を済ませ、9時過ぎ頃にようやく開始です。

この日は以下のタックルを使用しました。

  • 竿:磯竿0.6号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ウキ:プログレスチヌ スタンダード ファースト
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワーDASH1袋+爆寄せチヌ1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌

今回は全誘導仕掛けを使用します。

この釣り場は内向きでも港の出口に向かう流れがそこそこあるため、対策のため沈みの早いウキを選びました。

速い潮流の中での釣り

内向きの水深はそこそこあり、7~8mくらいと思われます。

投入して仕掛けが馴染むまでに結構流され、やりづらく感じますが、何投かすると、アタリがきました。

しかしアワセると軽い手応え。。。

ファーストヒットは20cmほどのフグでした。

本命らしきアタリあり

それからしばらく、餌が割と盗られる状況が続きました。

チヌの気配も感じてきましたがなかなか針に掛かりません。

ですが開始1時間を超えたところでヒットしました!

今度はまあまあの大きさです。フグとは確実に違う引き!

じっくりヤリトリし弱るのを待ちますが、海面に浮かせる前にフッと軽くなりました。。。

針外れでした、残念です。次のチャンスを待ちます。

昼に近づくと、干潮の潮止まりになり釣り場付近の流れが緩くなりました。

しばらくアタリが無くなり、ダラダラとした雰囲気でしたがやり易くなったのでもう一度集中します。

ここまでは周りの釣り人もあまり釣れていないようです。

そして粘り続けて12時過ぎになり、久々にアタった!

さっきよりも重いです!

今度はアワセをしっかり入れます。

相手が下へ下へ突っ込もうとしますが竿の弾力を活かして耐えます。

一度海面へ浮かせると現れたのは大型のチヌ!

しかしまた潜られます。

3~4分ほど攻防が続きましたが、ようやくおとなしくなったのでタモ入れします。

48cmのナイスサイズでした!

やはりこの時期はデカいのが釣れてくれます。

付け餌は途中、練り餌を使ったりもしましたが、ヒットしたときは生オキアミでした。

まだ餌取りが少ないので十分使えました。

おわりに

結局この日釣れたチヌは1枚だけでしたが、良型だったので十分楽しめました。

ここは潮止まり以外はそこそこ流れがありますがその中でも良い釣果を挙げられるよう、頑張ろうと思いました。

次は波止の外向きにもチャレンジしてみたいです。

タイトルとURLをコピーしました