【第一精工 ラインブレーカー】根掛かり時に楽にラインの切断が可能な便利ツール

レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

根掛かり時の苦労を解消!

大物狙いの際にはターゲットの強烈な引きに耐えられる太いラインが必要になります。

自分の場合ですとショアジギングでブリクラスの大型青物を狙いに行く時はPE2~3号、リーダー40~50lb程を使用します。

このような強度のあるラインを使用する際に心配になるのが、ルアーや仕掛けが根掛かりし、やむを得ずに切る時に非常に苦労することです。

PE1号(20lb)程度であればグローブなどでラインを掴み、引っ張ればそれほど苦労せずに切ることができます。

しかし上記のような 40~50lb 以上のラインになると、手の力だけではなかなか切れず、またラインを掴む手にも相当な力が掛かり、ケガをする危険があります。

そのような時に便利なのが、少ない力でもラインを切ることができる第一精工のラインブレーカーです。

サイズは直径10cm,15cm,20cmの3種類ありますが、15cmがしっかり握ることができ、携行にも便利と感じています。

直径15cmは手でしっかり握れるサイズ

使用方法は、リング中央にあるオレンジ色のラバー部にラインを一周巻き付けたあと両手で引っ張るだけです。

持ち手は3cm程の幅があるので手に掛かる力も分散できるため、強く引っ張っても手が痛くなりません!

また、このサイズはルアーボックスと同じくらいの大きさなので、タックルバッグにも楽々収納できます。

ルアーボックス幅と同程度の大きさ

おわりに

このライブレーカーを使用するまでは、根掛かりしたときにラインを切ることが出来るか心配で、ショアジギングへ行ったときにジグからリアフックを外したり、ボトムを攻めきれないことがありました。

しかしそれではフッキング率が下がったり、魚が居る層にルアー通せず、チャンスを逃しているのも事実です。

もちろん根掛かりしないことが一番ですが、このツールがあれば余計な心配をせず釣りを行えるので、購入して良かったと感じています!

タイトルとURLをコピーしました