【煙樹ヶ浜】早春のゴロタ浜で遠投カゴ釣り!大型チヌ現る

釣行記
スポンサーリンク

今回の釣行は遠投カゴ釣りです。

釣り場は和歌山県御坊市にある煙樹ヶ浜で、マダイあたりが狙えないか行ってみました。

ここはゴロタの急深サーフで、水深は20~30m沖で15m弱はあります。

海の中はまだ冷たい時期なので、水温が安定する深場が良いだろうと思い攻めてみることにしました。

ポイントは浜の西側、駐車場前付近です。

スポンサーリンク

夜明けから釣り開始!

夜明け直後くらいに釣り場に到着し、急いで準備します。

本日は以下のカゴ釣りタックルを使用しました。

  • 竿:磯竿4号 5.3m
  • リール:シマノ5000番
  • 道糸:ナイロン6号
  • ウキ:遠投ウキ8号
  • カゴ:ロケットカゴ8号
  • ハリス:4号 2ヒロ
  • 針:チヌ針4号
  • 撒き餌:アミノX真鯛SP+生オキアミ3kg
  • 付け餌:ボイルオキアミ

この場所では沖は水深がだいたい13m位でしたので、まずはタナを10mくらいにセットしました。

この場所は大潮だと潮の流れが速く、ウキがあっという間に左右に流されますが本日は小潮周りなのでやり易いです。

付け餌はそのままだったり無くなっていたりします。

しばらく本命待ちの時間が続きます。。。

朝方に最初の魚がヒット!

煙樹ヶ浜西側

夜明けから1時間経過したところで、それまで予兆らしきものはありませんでしたがいきなりウキがスッと沈みました!

なかなか重たい!もしかしてマダイか…?

と期待感MAXで引き寄せます。

波打ち際でも相手は抵抗を続けますが無理せず浮かせます。

見えた魚体は銀色!正体は良型のチヌでした。

ここで浜へ引き上げようとしますが良い波が来ずになかなか上がらない。。。

この煙樹ヶ浜の西側は波打ち際が割と傾斜のある斜面になっており、波の勢いを使って引き上げないと取り込めません。

強引に上げようとするとバラシにつながります。

2分ぐらい悶々としましたが大き目の波が来たところで思い切って引きずり上げます!

取り込み成功です。

47ccmのチヌ

47cmのナイスサイズです。体高もあって重量感のあるチヌでした。

2回目のアタリは…

さらに同じくらいのタナを狙って続行です。

周りでもカゴ釣りをしている人達がおり、ちらほらとチヌが釣れているようでした!

明け方はショアジギンガーも結構居ましたが、ルアーの方は釣果は出ていないみたいでした。

まだ青物は回遊していないようです。

先ほど釣れたポイントは70mくらい沖だったので、同じところを狙いフルキャストします。

今日はそれほど風はないので飛距離はまあまあ出ます。

しかしそのうちの1投で、キャストの瞬間にガガッと違和感が伝わりました。

何だったのかよく分かりませんでしたが仕掛けは普通に飛んでいき、道糸も切れていなのでそのままアタリを待ちました。

すると、その直後にもう一度ウキが沈みます!

今度も同じような手ごたえ!

ゆっくりヤリトリして波打ち際に寄ってきたのは今度もチヌでした!

サイズは40cm程です。

しかしここで、そのまま取り込みに掛かろうとしたところ、突然リールが巻けなくなりました。。。

ウキを巻き込んだ訳でもないのに何故…?と思い穂先をよく見ると道糸が絡まっています。

さっき投げた時の違和感の正体はこれでした。

キャスト時に発生した糸絡み

あああヤバい/(^o^)\

どうにもならないので竿を置き、道糸を掴んで手繰り寄せ、引き上げようとします。

しかし浜へズリ上げようとしたら針外れしました。。。

フックが完全に伸びてました。細軸の針だったので重さに耐えきれなかったみたいです。

やはり強引な取り込みは禁物ですね。。。

本日の釣果

その後も気を取り直して続けようとしましたが、天気が悪くなってきたので昼前に撤退することにしました。

チヌ×1(47cm)

この場所は魚の取り込みに少しコツが要りますね。。。場合によってはタモを使っても良いと思いました。

マダイの姿は見れませんでしたが、ここはチヌの魚影が濃そうです。

専門で狙ってみるのも良いと思いました!

タイトルとURLをコピーしました