【平塚新港】フカセ釣りでクロダイを狙いましたが小物のみ…

釣行記
スポンサーリンク

今回の釣り場は神奈川県平塚市の平塚新港です。

ここは湘南エリアのサーフの中にある漁港であり、フラットフィッシュの釣果も出ているようですが、本日はクロダイを釣りたいためフカセ釣りをしたいと思います。

スポンサーリンク

広い漁港にはたくさんの釣り人

平塚新港の堤防

この日は遅めに出発したので午前10時過ぎに到着です。

駐車場に車を停め、奥の大きな堤防へ歩いていきます。

既にたくさんの釣り人が入っています。

ファミリー層がメインで、サビキ釣りやちょい投げ釣りをしている人が多いようでした。

スペースが空いていた堤防中ほどに陣取って準備します。

本日のタックル

  • 竿:磯竿0.6号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ウキ:0号
  • ハリス:1.2号 2ヒロ
  • ガン玉:G7
  • 針:チヌ針1号
  • 撒き餌:チヌパワー日本海1袋+チヌパワームギスペシャル1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ

この場所はあまり深くなさそうだったので軽めの仕掛けで今回は勝負です。

なかなか反応が出ない前半戦

11時前にスタートです。

対岸の堤防にも釣り人が入っているのであまり投げすぎないよう、10m位沖から探ります。

しかし今日は横風が少々強くやりずらいです。。。

斜め後ろから風速6~7m程吹いており、沖から入ってきた波で海面が少々ざわついています。

ところが打ち寄せる波で仕掛けがすぐに流されるかと思いましたが、一投してみるとそれほど動きませんでした。

ですが底は海藻があるのか、投げる度にガン玉や針に絡まってきます。。。

海藻対策でガン玉を外し、1~2分流したらすぐに回収する戦法で攻めることに。

しかし餌が齧られた形跡は一切ありません。

そのまま1時間、2時間と経過しましたがアタリゼロです。

干潮の時間が近づき、水位がだいぶ低くなったので厳しく感じました。

そこで一旦休憩して仕切り直しすることに。

干潮時の堤防

ようやくのアタリ

お昼を食べた後、堤防を少し歩いて偵察してみましたが周りも苦戦しているようです。

サビキにも反応は無いようでした。

1時間程休んで満ち潮に転じた頃に再開です。

今度はもう少し沖に投げたりして広範囲を探ります。

しばらくして餌が無くなっていましたがフグのようでした。

ハリスにダメージが残っています。

しかしアジやサバなどの餌取りは居ないようなのでやり易いです。

また風も少し収まりました!

そして投げ続けていると遂に初アタリが。。。!

アワセると掛かりましたが手応えは軽めです。

難なく上がってきたのは20cmちょっとのキビレでした。

平塚新港のキビレ
1枚目はキビレ

ここまで約3時間、長かったです。

そして良型クロダイを狙って続けますが次にヒットしたのは。。。

平塚新港のクロダイ

本命ですがこれまた同じくらいのサイズでした。

良いサイズはあまりいないのでしょうか?

終盤は再び渋くなり…

サイズアップを狙い夕方に賭けましたがまた反応がなくなりました。

撒き餌に寄ってくるのはボラのみです。

そして堤防の閉門時間が迫ってきます。

残った撒き餌をハイペースで撒き、何とかヒットさせようとします。

しかし、ギリギリまで粘りましたが次の1枚は得られず納竿です。

本日の釣果

  • クロダイ×1(20cm)
  • キビレ×1(22ccm)

なかなかアタリが来ず、この日は渋い一日でした。

海が荒れていて濁りが強めだったせいでしょうか?

また違ったコンディションの時にリベンジしたいです!

タイトルとURLをコピーしました