【大蔵海岸】河口エリアでのフカセ釣りでチヌ2枚

釣行記
スポンサーリンク

今回は久々にフカセ釣りでチヌを狙いに大蔵海岸のベランダにやってきました。

昨年もこの朝霧川の河口部でフカセ釣りをしましたが、今日はその時とは反対側の西側護岸でに入りました。

スポンサーリンク

河口部の潮流は緩め

今回は以下のフカセタックルを用意しました。

  • 竿:0.6号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ウキ:プログレスチヌ スタンダードF
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ガン玉:G5
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワー激重1袋+チヌパワーV10白チヌジュニア1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ

今回はウキごと沈める遊動式仕掛けにしました。

使用した撒き餌

餌を購入し、5時半頃に釣り場に到着しました。

既に釣り場には結構人が入っています。

空いていた朝霧川河口の少し上流側で本日は挑みます。

まず撒き餌を投入して様子見すると、潮はほぼ流れていませんでしたので、ガン玉はG5を一つだけ打ちました。

餌取りは足元に小魚が見えましたが沖にはそれほどいないようです。

まずは外道から…

竿3本程沖を狙い餌を投入していると早速魚の反応がありました。

微妙なアタリでした。

アワせてすぐに一瞬根に入られましたが、強引に引き上げるとすぐに抜けました。

大蔵海岸のカンダイ

本日1匹目は25cmのカンダイでした。

このくらいのサイズなら問題なく獲れます。

それから20分程経って、次のアタリが来ました。

今度は勢いよく道糸が持っていかれます!

ズッシリとした重みで良型と確信します。

左右どちらにも釣り人が入っていたのであまり走られないように注意します。

ここは割と人気釣り場なので早朝から多くの人がやってきています。

魚をしっかりコントロールして浮かせると、海面に見えた魚体は銀色!本命の魚でした。

大蔵海岸のチヌ
1枚目は良型

40cmのチヌです。

ヒットする前から怪しいアタリがありましたが、やはり居ました!

開始数十分で幸先よく釣れました。

しばらくして2枚目もヒット!

さらに流れに乗って2枚目!といきたいところですが、それからアタリが遠のきます。。。

餌はたまに取られたり、かじられた形跡がありますがなかなか乗りません。

1時間しても状況が変わらないので、少し遠投してポイントを変えてみます。

40m位飛ばして河口の中央付近を狙ってみます。

やはり遠くを狙うと撒き餌の着水点もバラついて難しくなりますが、ポンポンと数を打ってカバーします。

そして途中休憩しつつもさらに1時間粘り、今度は弱いアタリがきました。

手応えは軽いですが針掛かりしたようです。

正体は20cmの小チヌでした。

なんとか2枚目も釣れました。しかしそれからさらに粘って、12時前まで続けましたが、そこからは一切アタリがありませんでした。

本日の釣果

  • チヌ×2(40cm, 20cm)
  • カンダイ×1(25cm)

この日は潮が始終緩く、やり易かったですが水が澄んでいるようだったので、日が昇ると厳しいようでした。

そういえば付け餌はオキアミのみずっと使っていました。練り餌などでローテすれば反応を引き出せたのかもしれません。

次は色々工夫して、また挑みたいです。

朝霧川河口

タイトルとURLをコピーしました