【北正 ウニ切はさみ(反り)】切れ味抜群!血抜きやトゲの除去にも最適でした

レビュー
スポンサーリンク

釣りの必需品の一つに、ハサミがあります。

主な用途は仕掛けを作る際にラインをカットすることが真っ先に思い浮かびますが、切れ味が良く釣った魚の血抜きにも最適なものがあるので紹介したいと思います。

その製品は北正 「ウニ切はさみ(反り)」です。

スポンサーリンク

切れ味は長持ち

購入してから5年ほど経ちますが、非常に気に入っており現在も愛用しています。

使い込んでいるため刃は若干錆びてきていますが、元々ウニの棘を切るためのものであり、切れ味はまだまだ十分に保っています。

若干錆びてきているが、切れ味に問題なし

ナイロンラインだけでなくPEラインも張った状態であればスパッと切ることが出来、使い勝手が良いです。

魚の血抜きの際にはブリなどの大型青物のエラも問題なく切れます。

アジなどの小型魚であればエラから刃先を入れて背骨を切って〆ることも可能です。

刃先は片側に少し反った形になっているため、エラの奥に入れて切りやすくなっています。

先端の形状

厄介なトゲの除去も可能

以前毒針を持っていることで有名なオニオコゼを釣ったことがありますが、その時も役立ちました。

触るのは非常に危険な魚ですが、毒針をこのハサミでスパスパと切り落とせ、無事に調理できました。

ナイフで処理するのは少し難しくてトゲが手に当たる危険もあったため助かりました。。。

最後に

ハサミは毎回の釣行で必ず使う重要アイテムで、数百円程度の安価なものも多々販売されています。

しかしほんのもう少しお金を出せば紹介したように複数の用途に長く使え、性能抜群のものも手に入ります。

これからも釣りを続けていきたいと思っている方は、ぜひ将来を見据えて良いものを購入してみてはいかがでしょうか!

タイトルとURLをコピーしました