【大貫港】フラットフィッシュ狙いも可能!内房サーフエリアに位置する釣り場を紹介

釣り場
スポンサーリンク

大貫港は千葉県・富津岬の南側に位置しており、サーフに囲まれた釣り場となっています。

そのため水深は全体的にやや浅いものの、砂地に生息する魚種を中心に狙うことができます。

またこの場所は内房エリアの中腹にあるため、都心部からもそれほど時間をかけずにアクセスできるのも嬉しい点です。

この釣り場での確認済み釣果
アジ・イシモチ・カレイ・クロダイ・サバ・シロギス・ハゼ・マゴチ・メバル
スポンサーリンク

釣り場概要

大貫港は港内・赤灯台堤防・サーフといった3つのエリアがあります。

なお、南側にあるもう一つの堤防は柵が設置されており、現在は立ち入り禁止のようです。

南側堤防

①港内

駐車場のすぐ横にある港内向きの場所では、イシモチ・シロギス・ハゼを狙えます。

飛距離はそれほど必要ないので、ちょい投げタックルで十分です。

水深は4~5mほどです。

岸壁は港内側が一段低くなっており水面までの距離が近いですが、砂が堆積しており場所によっては若干足場が悪いです。

夜釣りでは春にメバルを狙えます。

岸壁沿いや係留してある船の間にルアーを通してみましょう。

同じく夜釣りで、夏にはアナゴの釣果も挙がっています。

アオイソメやサバの切り身を餌にしたぶっこみ釣りで釣ることができます。

②赤灯台堤防

堤防先端付近
先端から根元側向き

大貫港のメインの釣り場がこの赤灯台がある堤防になります。

堤防の両側で釣ることができます。

ターゲットは投げ釣りでのイシモチ・カレイ・シロギスがメインです。

広い場所なので遠投できるタックルで広範囲を探れると有利です。

またアジやサバの回遊もあるため、サビキ釣りもおすすめです。

ただ、この堤防の根元は非常に浅いため沖を狙える投げサビキ仕掛けを使用すると良いです。

岸から15m付近がカケアガリとなっており、その先は水深5~6m程あります。

堤防の先端付近はクロダイの好ポイントとなっており、フカセ・ダンゴ釣り師がよく入っています。

なお、堤防の根元にはテトラ帯がありますがこちらは水深が浅く、あまり釣れないです。

堤防根元のテトラ帯

③サーフ

大貫港にはサーフ隣接しており、こちらでは上記の投げ釣りのターゲットに加え、ルアー釣りでマゴチも狙えます。

水深2~3m程度の浅いサーフなので、底を擦らないフローティングミノーや沈みの遅いシンキングミノー、またスロー系のメタルジグ20~30g程度がおすすめです。

釣り場周辺の施設

駐車場

漁港の入り口に無料の駐車スペースがあります。

そこそこ広いスペースがあるので台数のキャパシティも十分あります。

釣具屋

漁港周辺には釣具屋はなく、少し離れた位置にあるので必要な物は釣行前に揃えておきましょう。

コンビニ

歩いて行くには少し距離がありますが、漁港近くにコンビニは1軒あります。

この釣り場での釣行記

タイトルとURLをコピーしました