フカセ釣りで魅力ある魚・チヌ(クロダイ)を狙ってみよう!

コラム
スポンサーリンク

釣りの人気ターゲットの一つに、チヌ(クロダイ)という魚がいます。

私はフカセ釣りでこの魚を狙っていますが、最近この釣りにどっぷりハマっています(笑)

「チヌは釣りの名人が狙う魚であり、敷居が高い」と感じる人も多いかと思いますが、ポイントを押さえれば初心者でもしっかりと釣ることができます!

今回は私が感じるこの魚の魅力について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

チヌの魅力について

アクセスが簡単な堤防にも大物が居る

皆さんは堤防・漁港ではどんな釣りをすることが多いでしょうか?

特に初心者やファミリー層ではアジやイワシなどの小魚を大量に釣ることができるサビキ釣りや、ちょい投げ釣りでシロギスやハゼなどを狙う人が多く見られます。

もちろんこれらの釣りも難易度が低く安定して釣りやすいので楽しいですし、人気なのも頷けます!

しかし同じ釣り場で大型のチヌも生息していることがよくあります。

チヌは40cm前後も比較的良く釣れます。

このクラスになると、上記の手軽な釣りとはケタ違いの強烈な引きを味わうことができます。

さらに50cmクラスも普通の漁港で狙うことができます!

50cmを超えるチヌは、釣り師の間では年が分からないほど大きいという意味から「年無し」と呼ばれ、一つの目標となっています。

このような大きな魚は、上級者が行くような磯や沖堤防でしか釣れないイメージがあるかもしれません。

しかし意外にも割と近場の堤防にも潜んでいるため、遠征せずとも行きたくなった時にサッと行き、大物とのヤリトリを楽しめる点が非常に気に入っています^^

堤防で釣れた50cmオーバーのチヌ。このサイズも身近な漁港で狙うことが可能

年中安定して釣果が望める

堤防からも釣れる大物というと、一部の場所では青物やヒラメ・マゴチといったルアー釣りのターゲットが挙げられます。

しかしこれらの魚は時期によっては全く回遊が無かったり、数が少ないためボウズも多いなど安定して釣ることが難しくもあります。

一方でチヌという魚は堤防に居着いている個体が多く、さらにオールシーズン釣ることができます!

ざっくりいうとチヌ釣りの1年は以下のようなサイクルになります。

水温が上がり始めるとノッコミと呼ばれる産卵期となり、荒食いする時期となります。

1年のうちで最も大型を釣りやすいです。

高水温のためチヌが活発に餌を食べますが、他の小魚も多くなるため餌取りとの戦いとなります。

本命を選んで釣るにはある程度の技量が求められる時期です。

河口部やサーフなどのストラクチャーが無く水深が浅いような場所でもよく釣れるようになります。

穏やかなサーフで狙う渚釣りも近年人気です。

カイズと呼ばれる25~35cmクラスが良く釣れます。

数釣りが可能なため初心者にはおすすめの時期です。

チヌの居場所を見つけ、撒き餌で足止めできれば2桁釣果の爆釣になることもあります。

水温が下がるにつれて活性が低くなるため難易度が上がります。

アタリは他の時期より減りますが、水温が安定してチヌが居そうな場所を見極めれば釣りあげることが出来ます。

個人的には餌取りが減ってじっくりとアタリを待つ釣りがやり易くなるので、最も水温が低下する2月以外は割とやりやすい時期だと感じています。

私が初めてチヌを釣ったのも冬でした。

 うまくいけば良型の連発モードに入ることも

このフカセ釣りでは、私は最初はボウズになることも多くありました。

しかし諦めずに回数を重ねると、だんだん安定して釣ることが出来るようになりました。

本命がある程度釣れるようになってからは、より一層この釣りにのめり込んでいます!

多くの人が憧れる魚

知名度があり、冒頭で述べたように難しいイメージが先行しているため他の釣り人が羨む魚でもあります。

釣り上げるとよくギャラリーが集まったりもします(笑)

またタイ科の魚であり、立派な形をしていて見た目も良いです。

近場で釣れる魚でありながらステータス性が高いのも魅力の一つです。

フカセ釣りを始めてみよう

大きく竿を曲げ込んでのヤリトリが魅力

チヌは雑食性であり様々な釣法がありますが、このフカセ釣りは撒き餌を撒いて、チヌを寄せ、同じ場所へ付け餌を同調させてチヌに喰わせるやり方です。

回遊待ちとなる投げ釣りや、チヌの居場所を足で探すヘチ釣りよりもチヌに出会える確率は高いです。

また細い磯竿を思いっきり曲げこんでするヤリトリは面白くて病みつきになりますよ!

このブログではフカセ釣りについての紹介と、実際の釣行記を発信しているので、自分もチヌ釣りをやってみたい!という方はぜひ参考にしてみてください!

新しい楽しみを見つけたい方、必見です。

チヌのフカセ釣り関連記事

タイトルとURLをコピーしました