【大磯港】フカセ釣りで初魚種・ヘダイがヒット

釣行記
スポンサーリンク

最近クロダイを釣っていなかったので、今回はフカセ釣りをしに神奈川県の大磯港へやってきました。

時期はもう冬ですがここは相模湾に面しているため、まだ海水温は厳冬期ほど下がっていないようです。

まだ釣れるチャンスがあると思い、期待が膨らみます。

釣り場への到着は11時前くらいでした。

駐車場に車を停めて、一度周りを偵察すると中央の岸壁は工事中で立ち入り禁止となっておりました。

なので少し歩いて東側の堤防で釣ることに決めます。

スポンサーリンク

大盛況の東側堤防で釣り開始

堤防には多くの人が入っており、サーフがある外向きは満員でした。

見ていると投げ釣りをしている人が多いです。

大磯港
東側の堤防

港内向きはなんとかスペースがあったのでそこで準備します。

外側は波が少しありましたがこちらは穏やかです。

この日のタックルは以下を使用しました。

  • 竿:0.6号 5.3m
  • リール:シマノ3000番
  • 道糸:PE0.8号
  • ウキ:0号
  • ハリス:1.5号 2ヒロ
  • ガン玉:G5
  • 針:チヌ針2号
  • 撒き餌:チヌパワー激重1袋++爆寄せチヌ1袋+生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ、練り餌
この日の撒き餌

初めての場所だったのでまずは15mくらいのポイントに撒き餌を打って様子見です。

水深はそんなには深くないです。

4~5mといったところでしょうか。。。

付け餌はまずオキアミを試します。

なかなか来ない本命のアタリ

しばらくして、付け餌は取られることは時々あってもクロダイらしきアタリは来ません。

餌が無くなっているのは小魚のせいみたいです。

手前にも小さいヒイラギらしき魚が群れているのが見えます。

また撒き餌にはボラが群がっています。

しかし本命は来ないまま1時間、2時間と経過していきます。

なかなか厳しそうな展開になってきました。

最初のヒットは初魚種

それから昼過ぎまで付け餌を練り餌に変えたり、狙うポイントを前後にずらしたりしてみましたが相変わらずです。

釣り座移動も考えましたが、あまり他に空いているところがなかったのでこのまま頑張ることに。

外向きの投げ釣り勢にはシロギスが釣れていました。

10cmほどのピンギスが中心でしたが、ポツポツと釣れ続けていました。

もう冬なのにまだ釣れているのが意外です。

こちらは14時をまわってもまだノーフィッシュです。。。

しかしボウズは避けたいと願っていると、投入して誘いをかけた瞬間ググッと引かれました!

確実に魚の引きですが、難なく寄ってきます。

最初はフグか。。。と思いましたが水面に見えたのは小さいクロダイのような魚影です!

そのまま抜き上げると。。。

釣れたのはクロダイではなくヘダイでした。

サイズは20cmほどでしたが、これは初魚種です。

ようやくの1匹目ですが続けてクロダイを狙います。

そして2匹目も…

日が傾き始め、正面からの風も吹き出して一気に肌寒くなってきました。

しばらく沈黙しましたがオキアミ餌で再びアタリが!

これも先ほどと同じような手応えです。

若干サイズアップしましたがまたヘダイでした。

クロダイはいないのか。。。?

本命を求めて夕方まで粘りましたが、16時頃に撒き餌が尽きたのでこの日は終了です。

本日の釣果

  • ヘダイ×2(22, 20cm)

残念ながらクロダイの姿は見れませんでした。

釣れたヘダイは小さいのでリリースです。

今回はダメでしたが冬のフカセ釣りは餌取りも少なく、やりやすくて好きなので次は良型クロダイを仕留められるよう、頑張りたいです。

タイトルとURLをコピーしました