【煙樹ヶ浜】両軸遠投カゴ釣りでへダイが連発

釣行記

最近各地で青物の釣果情報が見られるようになってきました。

青物狙いではショアジギングがメジャーですが、今回は遠投カゴ釣りで狙ってみます。

釣り場は実績の高い和歌山県御坊市の煙樹ヶ浜にしました。

気合いを入れて深夜に出発し朝一から開始します。

スポンサーリンク

朝マズメからスタート

夜明け前から浜へ出て準備を進めます。

今回のカゴ釣りでは両軸タックルを使用することにしました。

  • 竿:ダイワ遠投磯竿4号 5.7m
  • リール:アブガルシアベイトリール
  • 道糸:ナイロン6号
  • ウキ:遠投ウキ12号
  • カゴ:ロケットカゴ12号
  • ハリス:4号 2ヒロ
  • 針:チヌ針4号
  • 撒き餌:生オキアミ3kg
  • 付け餌:生オキアミ

4時半頃になると日の出が近づき、明るくなってきたので開始します!

まず、上層付近を狙ってタナを3mにセットします。

この時間になると浜には釣り人が等間隔で奥の方まで並んでいました。

青物狙いのルアーマンが8割、カゴ釣り師が2割といったところでした。

しかし日の出直後は周囲も含めてアタリはありません。。。

餌は毎回なくなるので餌取りは居るようです。

最初にウキに反応が出たのは6時前になってからでした。

明確なアタリがありそこそこの重量感があります。

チヌっぽいかなと思って引き上げると正体はへダイでした!

40cmオーバーで良い引きを楽しめました。

そして周りのルアーマンには小さな青物がポツポツとヒットし始めてました。

しかしどれも20cm程度のサイズです。

良型の青物も混じっているといいのですが。。。

そして約1時間後にヒットしたのは同じくこの魚。

これも40cmくらいありました。

しかしここで朝マズメのチャンスタイムは終了です。

再びヒットし始める!

それからアタリが途絶え、周囲の釣り人も撤退し始めます。

ここまで休憩なしで投げ続けたので、朝食を取ったり休みながら続けます。

この日は明け方に満潮となり、そこから昼前まで一気に潮位が下がる潮でした。

既に厳しい時間帯になってしまったように思えましたが、ここは水深がある釣り場なのでまだチャンスはあると期待して粘ります。

しかし時折強めの横風が吹くようになり、飛距離が落ち始めます。

途中からタナを8m程度に変えて、まだ攻めていなかった層を狙いました。

すると次にこの魚がヒットします。

今日の本命の青物です(笑)

周囲でもよく釣れていたサイズでした。

この倍くらいは欲しい。。。

そしてフグもヒット。

たまにハリスを切られていたので居ると思ってました。

11時頃になると、今度はアタリは出ませんでしたがこんな魚が付いていました。

なんと予想外のガンゾウビラメ

26cmと小型でしたが針を飲まれてしまったのでキープします。

まだ食べたことのない魚です。

そして次のキャストで立て続けにヒットします!

これもへダイかと思いましたがチヌでした。

こちらもここでのカゴ釣りではよく釣れます。

そろそろマダイなんかも釣れないかと思いましたが、12時前になりヒットしたのはこの日3枚目となるへダイでした。

これも40cmを超えていました。

干潮の時刻を過ぎてからアタリが出始めました。

粘っててよかったです。

本日の釣果

そのまま12時過ぎまで続けましたが、暑くなりほぼ徹夜でしんどくなってきたのでここで納竿としました。

5月末ですが天気はもう夏のようです。

  • へダイ✖️3(41~43cm)
  • チヌ✖️1(40cm)
  • ツバス✖️1(25cm)
  • ガンゾウビラメ✖️1(26cm)
  • フグ✖️1(25cm)

一応五目達成です。

何度もアタリがあり楽しめた1日でした!

タイトルとURLをコピーしました